« 定率減税 | トップページ | 国民生活金融公庫からのお知らせ »

2005年10月27日 (木)

老年者控除の廃止と寡婦

年末調整の説明会や関係書類配布が始まっています。

毎年、この時期が来ると「もう今年もそんな時期か~」と思います。

さて、私の関与先の役員で、今年の年末調整で気を付けなければならない方がいらっしゃいます。

数年前、当時社長であったご主人と死別され、その後婚姻はしていません。

給与所得のみで、給与収入は680万円以下です。(ちなみに、年齢は数年前より65歳以上です。)

これは寡婦に当たります。

従来の寡婦控除の要件の一つに、

夫と死別した後、婚姻しておらず、合計所得金額が500万円以下(給与所得のみであれば、給与の収入が6,888,889円以下)の人

但し、老年者を除く。

とありました。

昨年まで、この方は老年者に該当しており、寡婦控除ではなく、老年者控除の適用を受けていました。

昨年の税制改正で、平成17年分より老年者控除が廃止されました。

この方は今年より寡婦に該当し、老年者控除はなくなりますが寡婦控除が適用できることになります。

税制改正では、細かな点で他の規定や特例に影響することが多々あります。

今回もその事例の一つです。


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 定率減税 | トップページ | 国民生活金融公庫からのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/6675849

この記事へのトラックバック一覧です: 老年者控除の廃止と寡婦:

« 定率減税 | トップページ | 国民生活金融公庫からのお知らせ »