« 消費税を社会福祉目的税にする? | トップページ | 老年者控除の廃止と寡婦 »

2005年10月26日 (水)

定率減税

25日より、政府税制調査会が開始しました。例年より約1ヶ月遅いようです。

いよいよこれから年末にかけて、税制改正の論議が行われ、年末には税制改正大綱が発表、そして年度末に改正税法が衆参両院を通過

という感じでしょうか。

何せ、先の総選挙では、自民党が大勝してますのでね。

定率減税も論議されるのでしょうが、現行での取り扱いは以下の通りです。

平成17年分 所得税20%(限度25万円)、住民税15%(限度4万円)・・・変わりなし

平成18年分 所得税10%(限度12.5万円)、住民税7.5%(限度2万円)・・・半減

ここまで、決定しています。

今後詰めるのは、平成19年分より廃止するかどうかです。

年末調整の担当者の方やご自分で確定申告する方はお気を付けて・・・何をというと今年分の定率減税の取り扱いは、昨年と同じですよ。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 消費税を社会福祉目的税にする? | トップページ | 老年者控除の廃止と寡婦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/6630677

この記事へのトラックバック一覧です: 定率減税:

« 消費税を社会福祉目的税にする? | トップページ | 老年者控除の廃止と寡婦 »