« 寒い一日でした | トップページ | 難しい地名や名前 »

2005年12月19日 (月)

平成16年分相続税の申告事績

国税庁から平成16年分の相続税の申告事績(申告実績)が発表されました。

平成16年分の被相続人(死亡者数)は、1,028,602人でした。

相続税の申告書の提出に係る被相続人(相続税額があるもの)は、43,488人です。

割合にすると4.2%で遺産に係る基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)の引き上げがあった平成6年分(この年は5.2%)以降で最低水準だそうです。

相続財産の構成比は

土地53.2%、家屋5.4%、有価証券11.4%、現金・預貯金19.9%となっています。やはり圧倒的に土地の比率が高いことが分かります。

一方、平成16年7月から平成17年6月(国税当局の平成16事務年度)における相続税調査は13,760件、うち申告漏れは11,895件で割合にして86.4%です。

そして、申告漏れ財産の構成比は

土地20.6%、家屋1.8%、有価証券15.8%、現金・預貯金37.6%です。こちらは現金・預貯金の比率が高いことが分かります。

相続税の調査は事前に金融機関に照会等をしていて金融資産についてはしっかりと押さえてきています。そして金融資産についての申告漏れが疑わしいケースについて特に実地調査が行われるようです。これは私の相続税調査の立ち会いの経験上感じたことですが、国税庁の事績でもそのことがうかがえます。


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 寒い一日でした | トップページ | 難しい地名や名前 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/7696780

この記事へのトラックバック一覧です: 平成16年分相続税の申告事績:

« 寒い一日でした | トップページ | 難しい地名や名前 »