« 欠損金を利用した租税回避行為への課税強化 | トップページ | 無申告加算税にも救済措置 »

2005年12月24日 (土)

源泉所得税の納付をうっかり忘れたときの救済案

年末年始を迎え何かと忙しい時期となりました。

税金のうち源泉所得税の納付期限はこの大変な時期にあります。源泉所得税の納付期限は支払日の翌月10日が原則。1月は納期の特例の特例(納特の特)の適用を受けている1月20日を除いて、1月10日が期限となります。なんとバタバタした時期の期限でしょうか!

源泉所得税が期限後に納付された場合、不納付加算税額というペナルティー(源泉所得税額の5%、一定の場合には10%)相当額を別途課税されてしまいます。

支払うべき源泉所得税が100万円だったとすると原則1月10日に1日でも遅れて納付すると有無をいわさず5万円(一定の場合には10万円)の不納付加算税が別途課税されてしまうことになるのです。この規定にやられた方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

さて「平成18年度税制改正大綱」です。

「(税務署からの)告知を予知して納付されたものではない源泉徴収税額に係る不納付加算税(要約です)について、法定納期限から1月以内に納付され、かつ、その納付前1年間法定納期限後に納付されたことがない等の法定納期限までに納付する意志があったと認められる一定の場合には、不納付加算税は課さない。」

これまで源泉所得税をしっかり期限までに納めていたのに、たまたま本当にうっかり(よくありますよ。実際の生活でうっかり期限までに決められたことを忘れてしまったということは誰にでもあると思います)納付しなかった場合の救済がやっと法定化されそうです。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 欠損金を利用した租税回避行為への課税強化 | トップページ | 無申告加算税にも救済措置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/7813024

この記事へのトラックバック一覧です: 源泉所得税の納付をうっかり忘れたときの救済案:

« 欠損金を利用した租税回避行為への課税強化 | トップページ | 無申告加算税にも救済措置 »