« 被相続人の未払医療費 | トップページ | 相続税の問題点 »

2006年3月 3日 (金)

相続税調査を受けないために

確定申告については2月中にかなり頑張り、例年通り最後まで残るものを除いて9割方終えました。

頑張ったのは相続税関連の仕事(申告と現状分析)で急ぎたいものを抱えているからです。特に登録免許税の軽減措置が終了してしまい、相続取得については4月1日以後の申請からこの登録免許税が倍になることもあります。

今日の午前中、相続人代表の方と相続税の打ち合わせを事務所にて行いましたが、被相続人の方の諸事情がありお金の流れが不明瞭で相続税調査への不安を仰っていました。

私の経験上では相続税調査については、課税財産の額による調査というより金融資産の流れに不明な点がある場合の調査が多いようです。

今回のケースの様にどうしても相続人の方が把握しきれなかったお金の流れで、これが不明瞭なケースもあります。

それでも預金通帳などでお金の流れをできる限り解明し、その解明した内容の説明書を申告書に添付することで調査省略となる場合があります。相続税の場合は、調査を受ける納税者の方は法人などと違って税務署慣れをされていない方が多いので、内容不備による調査を受けないように心がけています。

また私の税理士としての経験で述べますと、被相続人の普通預金通帳(総合口座ならなおのこと)でかなり財産の把握をすることができます。特に相続人の方にとって相続税の課税対象となるとは思いもしない財産(保険に関する権利など)をつかむには普通預金通帳のチェックが不可欠です。

遺された相続人の方が今後において税務署と相続税のトラブルが起こらないかどうかを心配されている方は、普通預金通帳にしっかり入出金の相手先と内容をメモしておくことをお勧めします。しかるべき税理士が見れば申告漏れを相当防ぐことが可能となります。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 被相続人の未払医療費 | トップページ | 相続税の問題点 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/8927567

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税調査を受けないために :

« 被相続人の未払医療費 | トップページ | 相続税の問題点 »