« 第3版 よくわかる税法入門 | トップページ | 税務相談の心得 »

2006年3月23日 (木)

兄弟は他人の始まり?

相続税の現状分析をするという相続税の試算の依頼を受けるケースがよくあります。

子供さん(特に長男)の方から依頼されることも多いのですが、子供の数が多いと相続税の計算において「遺産にかかる基礎控除額」が大きくなるなど通常の場合には有利となってきます。

ただ心配されるのが遺産の分割がスムーズに行くかどうかです。

「兄弟は他人の始まり」と言いますが、私も実務でそのようなケースに何度か遭遇したことがあります。兄弟も結婚しそれぞれ家庭を設けるとそれぞれの事情が重なりなかなか難しいようです。

遺産争いが起こり相続税の申告期限までに分割(誰がその財産等を取得するか)が確定しないときは、その未分割の財産については次の特例が適用されなくなります。

・相続税の配偶者の税額軽減

・小規模宅地等の特例 等

実務上は税務手続きをきちんと踏めばその後のやり直し(更正の請求)で適用を受けることができるケースが多いのですが、申告期限までにこれらの適用を受けない税額を支払う必要が出てきます。いずれも減額効果の大きな特例なので税負担も大変です。

遺言の作成、生前贈与などの対策も考えられますが、遺留分の問題や贈与税負担などの壁があります。

何より親の相続があったときでも兄弟仲良くが理想だと思うのですが、特に資産を多くお持ちの一家では損得勘定だけでなくその他諸々の感情の存在でなかなか大変なようです。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 第3版 よくわかる税法入門 | トップページ | 税務相談の心得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/9228896

この記事へのトラックバック一覧です: 兄弟は他人の始まり?:

« 第3版 よくわかる税法入門 | トップページ | 税務相談の心得 »