« 物納改正(その1 審査期間) | トップページ | どうなる?ココログ »

2006年7月10日 (月)

物納改正(その2 物納の再申請)

引き続き相続税の物納に関する改正点で、前提は平成18年4月1日以後相続等により取得した財産を物納する場合です。

物納申請をした納税者が物納の却下を受けた場合の救済規定です。従来は「物納財産の変更要求」を税務署長から受けていました。

改正後はまず

物納申請を受けた税務署長はその申請による物納財産が管理処分不適格等であると認める場合には、その変更を求め、申請書を提出するのをまってその申請の許可か却下をすることができるとされています(相続税法第42条2項)。

これを受けて

税務署長は物納財産が管理処分不適格財産等であることから却下をしたときは、その却下の日の翌日から20日以内に不適格とされた物納財産以外の物納財産を申請する場合に限り、一定金額まで物納許可をすることができるとしています(相続税法第45条1項)。 

改正前の変更要求が特に回数の制限はなかったのですが、改正後は物納申請をした者がその物納申請を国が管理・処分するのに不適当として申請却下をされた場合でも、1回に限って他の財産を物納する再申請が認められると言うことでしょう。

「1回限りのチャンスを与えてあげる」

こういう言葉は、問題が物納だと結構恐い気がするのでは・・・(^^?

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 物納改正(その1 審査期間) | トップページ | どうなる?ココログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/10870731

この記事へのトラックバック一覧です: 物納改正(その2 物納の再申請):

« 物納改正(その1 審査期間) | トップページ | どうなる?ココログ »