« 財産の組み直しの検討 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(基礎控除以下の贈与) »

2007年2月12日 (月)

贈与税の概略

相続対策のためだけでなく資金援助のためなどに、本人の財産を子供などへ贈与をしたいと考えることも多いかと思います。この場合に気になることの一つが贈与税ではないでしょうか?

贈与税については、まず基本的な正しい知識を持つ事が必要です。そこで今回は、この贈与税の基本的な事を概略してみます。

1.日本には贈与税法はない

贈与税は相続税法に規定されている税です。言い換えるなら相続税と贈与税は非常に関連性の強い税金なのです。

2.贈与税は2つの課税制度がある

従来からある「暦年課税制度」と平成15年度の税制改正により創設された「相続時精算課税制度」の2制度が併存する形であります。

3.暦年課税制度

財産を多く持つ方が自分の将来の相続税負担を気にして財産を子供などに生前贈与した結果、相続税が課税されないことが考えられます。そこで生前贈与について超過累進税率(価額が高額となればなるほど税率を高くする方法)により課税することで、税務面から相続税を補完するために設けられた贈与税制度です。贈与税の原則的な課税制度です。

4.相続時精算課税制度

高齢化社会となった現状の日本では、相続による次世代への財産移転が遅れています。その結果、若中年層の財産は少なくて、その親世代の財産が多いという統計が発表されています。そこで親から子への生前贈与について贈与を受けた子の贈与税の課税負担を軽減することにより、生前の財産移転を税務の面からやりやすくするために導入された制度です。但し、この制度を利用した子の親が亡くなったときの相続税の計算では、贈与財産を相続税の課税対象とすることとして、相続税の課税面では不利にしています。贈与財産は相続財産の前渡し・贈与税は相続税の前払と捉えて、相続税と贈与税を一体化させた制度です。原則として親から子への贈与を対象にした贈与税の特例的な課税制度です。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 財産の組み直しの検討 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(基礎控除以下の贈与) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/13882234

この記事へのトラックバック一覧です: 贈与税の概略:

« 財産の組み直しの検討 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(基礎控除以下の贈与) »