« 贈与税の概略 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(生前贈与加算) »

2007年2月15日 (木)

暦年課税贈与税の留意点(基礎控除以下の贈与)

親子間等での贈与をおこなうときには「暦年課税制度による贈与税」が通常では課税されます。

この原則的課税制度である暦年課税制度の贈与税は

その年の1月1日~12月31日までの贈与財産の価額から基礎控除額である110万円を控除した金額に対して贈与税が課税されます。言い換えると、贈与を受けた財産が年間110万円以下であればこの制度の贈与税は課税されないこととなります。

では、この基礎控除額110万円以下の価額である財産を毎年贈与する方法が相続税対策として最も効果のある方法なのでしょうか?

答えは残念ながら「そうとは言い切れない」となります。

もし本人の相続が開始して相続税が課税されたとき課税対象となる財産の総額に対して、相続等により遺産を取得した者の全ての相続税額を合計すると、例えば10%を超える相続税が課税されたとします。毎年110万円の贈与を繰り返していたとしても、その結果である相続税の減税効果は大した金額ではないはずです。もっと贈与する価額を多くした方が減税効果は上がったはずです。

本来事前に検討すべき事は相続税と贈与税とを比較した減税効果の他、支払った贈与税相当額をもし運用していたときのその運用益や民法上の特別受益や遺留分などの諸問題などです。

この様なことから相続や相続税の諸問題の検討が必要な方は、現状分析の上で生前贈与を行うにしても効果的で、かつ、問題を最小限に抑える方策を検討する必要があります。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 贈与税の概略 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(生前贈与加算) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/13924801

この記事へのトラックバック一覧です: 暦年課税贈与税の留意点(基礎控除以下の贈与):

« 贈与税の概略 | トップページ | 暦年課税贈与税の留意点(生前贈与加算) »