« 中小企業税制50問50答 | トップページ | 贈与税の配偶者控除の概要 »

2007年8月 1日 (水)

平成19年分路線価発表

平成19年分の全国の路線価・倍率等(財産評価基準書)が発表されました。次の国税庁サイトで見ることができます。

http://www.rosenka.nta.go.jp/

早速、相続税について懸念のある関与先の19年分路線価を反映した現状分析を行いました。東京都内各所に不動産を有しておられる方の現状分析をしてみた結果ですが、報道されているとおり路線価は完全に上昇傾向です。ある1カ所などは普通住宅地区なのに前年比30%超の上昇でした。これにより相続税負担の予想額も完全なる上昇です。

また、今日見た横浜市の一般的な住宅地もほぼ横ばいか若干上昇の模様です。

なお、19年分の土地の相続税評価額は路線価の影響だけではありません。調整率、加算率が平成19年分より変わっている点にも注意しましょう。例えば普通住宅地区における角地の側方路線影響加算率は、0.05から0.03へ変わっています。詳しくは次の国税庁サイトをご覧下さい。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hyoka/annai/pdf/1470-5-2n.pdf

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 中小企業税制50問50答 | トップページ | 贈与税の配偶者控除の概要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/15976514

この記事へのトラックバック一覧です: 平成19年分路線価発表:

« 中小企業税制50問50答 | トップページ | 贈与税の配偶者控除の概要 »