« ゆうパックでの申告書提出時期(その2) | トップページ | お勧めの実務本(法人税関連) »

2007年9月25日 (火)

お勧めの実務本(相続・贈与税関連)

税理士事務所で行う主要業務は、一般的に法人税関連業務と個人の確定申告業務ではないかと思います。私自身は相続税・贈与税関連業務にも力を入れていますが、それでも全体量では法人税関連と個人所得税関連の業務が多いのが現状です。

その結果かもしれませんが、相続税やその現状分析と対策についての業務ではトラブルが起こらないよう未然にかなり気を遣う必要があります。

この様なときの事前準備のために良い本があります。税理士会のブックマートである本を探していたときに見つけて購入したものです。

「ココだけは押さえておきたい! 相続・贈与税トラブルの傾向と対策」で税理士の松岡章夫氏が著者、ぎょうせいの発行です。

この本は各論について突っ込んだ内容のものではなく、一般的に相続・贈与税関連業務でトラブルが起きそうな内容を概略的・横断的に紹介したものです。但し、法令条文や通達・裁決例・判決例の番号をきちんと入れてあり、これを基に深く調べることが可能です。

現在、相続税関連業務を行う方はもちろん、これからこの様な業務に力を入れていく方にもお勧めの本だと思います。

最近のお勧め(平成25年4月17日追加)
よく似た実務書で最近発売


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« ゆうパックでの申告書提出時期(その2) | トップページ | お勧めの実務本(法人税関連) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/16571969

この記事へのトラックバック一覧です: お勧めの実務本(相続・贈与税関連):

» 贈与税とは [贈与税と相続税入門]
贈与税とは、個人から現金や不動産などの価値のあるものをもらった時にかかる税金です。1年間に110万円を超える財産をもらった場合に、贈与税がかかります。この財産には、現金、預貯金、 有価証券、土地、家屋、貸付金、営業権など金銭に見積もることが可能な経済的価値のあるものすべてが含まれます。贈与税の税額の求め方=A×B-C 【基礎控除後の課税価格(A) 税率(B) 控除額(C)】となります。Aが200万円以下の時は、Bが 10%でCが0。Aが300万円以下の時は、Bが15%でCが10万円。 Aが400万円... [続きを読む]

受信: 2007年9月27日 (木) 22時40分

» 贈与税について [贈与税]
贈与税とは、贈与によって財産をもらった場合にかかる税金のことです。贈与とは無償で財産を与えることで、贈与税は贈与を受けた側(もらった側)が払います。ちなみに、会社等の法人から財産を譲り受けた場合は、贈与税ではなく所得税がかかります。 [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 11時50分

» 相続税 [贈与税について]
[続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 19時03分

« ゆうパックでの申告書提出時期(その2) | トップページ | お勧めの実務本(法人税関連) »