« おなじみの相続税基礎控除の見直し | トップページ | 年末調整説明会での所得税の留意事項 »

2007年11月13日 (火)

同一契約の地震保険と旧長期損害保険

私が所属する税理士会の支部が主催する平成19年分年末調整等説明会に出席してきました。その中で改正点の地震保険と旧長期損害保険料の両方をかけている場合の注意点がありました。

1.地震保険と長期損害保険がそれぞれ別々の契約として締結されている場合

それぞれ別枠で控除額を計算してその合計額(5万円を限度)が地震保険料控除の金額となります。

2.地震保険と長期損害保険が同一の契約として締結されている場合

選択によりどちらか一方の控除しか受けることができません。

従って、地震保険料の控除額が3万円、旧長期損害保険料の控除額が1万円と計算された場合に

上記1の場合 地震保険料控除額=3万円+1万円=4万円

上記2の場合 3万円>1万円 ∴3万円(有利な方を選択)

となります。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« おなじみの相続税基礎控除の見直し | トップページ | 年末調整説明会での所得税の留意事項 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/17063493

この記事へのトラックバック一覧です: 同一契約の地震保険と旧長期損害保険:

» ギフト商品戦略について [経営コンサルタントは武内コンサルティング]
昨日、お付き合い先の焼肉店様との会話ではっと気付きました。こちらのお店、数年前から精肉のギフト商品をご来店されたお客様中心に販売されています。単価は1万円にほぼ設定されています。一部12,000円のものもあります。送料・代引き手数料は無料です。1万円ポッキリで購入できるので買いやすくなっています。魅力は、なんといっても分量と価格です。百貨店や有名精肉店で売られているものよりもグラム単価するとかなりお得な設定になっています。実は、焼肉店が本業のため、精肉ギフトは1年間のお客様へ...... [続きを読む]

受信: 2007年11月13日 (火) 18時08分

« おなじみの相続税基礎控除の見直し | トップページ | 年末調整説明会での所得税の留意事項 »