« 同一契約の地震保険と旧長期損害保険 | トップページ | 耐用年数の見直し »

2007年11月16日 (金)

年末調整説明会での所得税の留意事項

先日の年末調整説明会で聞いた内容からです。

今年の年末調整について昨年と変わった事項として説明会で聞いた事項は次の通りです。

・損害保険料控除の廃止と地震保険の創設 詳細は以下の記事を参照して下さい

→ http://itijunfukui.cocolog-nifty.com/fktusin/2007/11/post_5baa.html

→ http://itijunfukui.cocolog-nifty.com/fktusin/2007/11/post_0cd8.html

・特別減税の廃止

・税源移譲による所得税率の改正

上記の点を間違えないようにとのこと。私は、年末調整はシステム利用していますが、地震保険などは注意が必要ですね。何と言っても来年の確定申告にも関わる事項です。

また、ここ数年において定率減税の段階的廃止や税源移譲による所得税率の改正により給与等に対する源泉徴収税率表が変更されていましたが、来年についてはこの様な変更はないとのこと。変更前の源泉徴収税率表を参照したための源泉所得税の過誤納による還付請求が急増しているそうですが、現行の源泉徴収税率表を利用している限り、来年においてはこの心配はないようです。

以上、私が留意した年末調整説明会による所得税関係の改正点の注意事項でした。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 同一契約の地震保険と旧長期損害保険 | トップページ | 耐用年数の見直し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/17092598

この記事へのトラックバック一覧です: 年末調整説明会での所得税の留意事項:

« 同一契約の地震保険と旧長期損害保険 | トップページ | 耐用年数の見直し »