« 平成20年度の事業承継税制改正案(その4) | トップページ | 平成19年大晦日 »

2007年12月27日 (木)

法人が支払う逓増定期保険の保険料について

法人が支払う逓増定期保険の保険料について、損金算入に関する通達の変更案が国税庁より発表されました。日経新聞でもこの件に関して触れていました。

変更案では、意見を募集した上で次のような取扱いにするとのこと。

1.変更対象となる逓増定期保険の範囲について、いわゆる逓増定期保険のうち、保険期間満了時の被保険者の年齢が45歳を超えるもの・・・この保険を利用する法人契約では通常は45歳を超えると思いますので、ほぼ全てのものが対象となるでしょう。

2.保険料の損金不算入額とその時期については、保険期間満了時の被保険者の年齢に応じて、保険期間の60%相当期間について、支払保険料の2分の1~4分の3を資産計上とする。

3.適用時期は、平成20年中のみで未定。なお、適用時期前に契約した逓増定期保険については従前のままの取扱いとするそうです。

内容詳細及び意見募集に関しては、次の国税庁サイトをご覧下さい。

→ http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=Pcm1010&BID=410190038&OBJCD=100410&GROUP=

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 平成20年度の事業承継税制改正案(その4) | トップページ | 平成19年大晦日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/17496978

この記事へのトラックバック一覧です: 法人が支払う逓増定期保険の保険料について:

» 国税庁 税理士試験 [酒好きブログ]
大好きなあの人と 人気のお宿ランキング [続きを読む]

受信: 2007年12月27日 (木) 22時55分

« 平成20年度の事業承継税制改正案(その4) | トップページ | 平成19年大晦日 »