« 電子申告と医療費控除 | トップページ | 中小企業における経営の承継の円滑化法律案 »

2008年2月20日 (水)

横浜市の住民税住宅ローン控除申告期限

住民税における住宅ローン控除についてはこのブログでも何度か触れました。

→ http://itijunfukui.cocolog-nifty.com/fktusin/2007/11/post_2dd8.html

上記記事を抜粋すると

「平成19年より国から地方への税源移譲が行われる結果、平成11年1月1日より18年12月31日までに入居した給与所得者に係る「住宅借入金等特別控除額」について、年末調整では給与に対する所得税から控除しきれない金額(減少額)が出る場合が考えられます。この場合には、住民税の申告をして住民税から控除することになります(19年分の期限は平成20年3月17日とのこと)。」

下線部分の申告期限については住民税の申告自体が不慣れであることなどから弾力的運用が望まれていたのですが、横浜市では次のような弾力的取扱いとするという情報が入ってきました。

「横浜市では、当該住民税の申告期限は原則3月17日となっているが、この申告期限までに申告できなかった者については、諸事情があったものとみなして、6月初旬の納税通知が発送されるまでに申告をすれば、控除の取扱いをする。」

横浜市以外の各市町村でも弾力的運用をするところ場多いと思います。万が一3月17日までに住民税における住宅ローン控除の申告ができなかった場合でも、あきらめずに地元市町村に問い合わせるようにしましょう。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 電子申告と医療費控除 | トップページ | 中小企業における経営の承継の円滑化法律案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/40195660

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市の住民税住宅ローン控除申告期限:

« 電子申告と医療費控除 | トップページ | 中小企業における経営の承継の円滑化法律案 »