« 所得税率の変更に注意! | トップページ | 横浜市の住民税住宅ローン控除申告期限 »

2008年2月16日 (土)

電子申告と医療費控除

平成19年分の電子申告による確定申告から、医療費控除については領収書の提出を省略することができるようになりました。

但し、この省略をする場合には「国税e-Tax仕様」によると医療費控除のデータ入力時に1枚1枚の領収書全てを入力しなければならない仕様となっています。

→ http://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/tennpu.html#Link2

領収書の数が少なければ問題ないのですが数が多いととても入力できません。結果として提出省略をせずに従来通り「申告書等送信票(兼送付書)」と共に領収書を郵送等する方が楽であり、提出省略の意味がないと思っていました。

そこでどうやら税務署も柔軟な対応をするようです。

先日の税務署との連絡協議会などによると

領収書が多数ある場合には

医療を受けた者ごと → 医療機関ごと

に分けてまとめて入力することも認めるとのこと。正式な発表はされていないのかもしれませんが、私のお客様でも100枚近い領収書がある方もいらっしゃいますので柔軟対応してもらうつもりです。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 所得税率の変更に注意! | トップページ | 横浜市の住民税住宅ローン控除申告期限 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/40140994

この記事へのトラックバック一覧です: 電子申告と医療費控除:

« 所得税率の変更に注意! | トップページ | 横浜市の住民税住宅ローン控除申告期限 »