« 法人税の増額更正期間の延長 | トップページ | 平成20年分路線価は7月1日発表予定 »

2008年4月23日 (水)

納税通信に記事が掲載されました

先日寄稿したものが納税通信3020号の8面に掲載されました。

「妻に多くの財産を残すテクニック」という題名ですが、内容は贈与税の配偶者控除について。特に店舗併用住宅を贈与する場合の相続税基本通達21の6-2(まず居住用部分から贈与したものとして計算する)を適用した計算例とその他留意点について触れました。

8面にまるまる掲載して頂きました。編集担当の方をはじめエヌピー通信社の皆様、お世話になりました。

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 法人税の増額更正期間の延長 | トップページ | 平成20年分路線価は7月1日発表予定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/40971487

この記事へのトラックバック一覧です: 納税通信に記事が掲載されました:

« 法人税の増額更正期間の延長 | トップページ | 平成20年分路線価は7月1日発表予定 »