« 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その2) | トップページ | 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その3) »

2008年9月29日 (月)

FPジャーナル10月号に寄稿

NPO法人日本FP協会の機関誌「FPジャーナル2008年10月号」の誌上講座「相続・事業承継設計」に私の書いた記事の第2弾が掲載されます。

「相次ぐ相続税等の課税に対する軽減措置」という題名で、譲渡所得税の相続税額の取得費加算、相続税の相次相続控除と贈与税額控除について触れています。取得費加算と相次相続控除については、事例を挙げて説明しました。

FP協会の会員の皆様へは9月末か10月早々にお手元に届くかと思いますので、一読して頂ければ光栄です。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その2) | トップページ | 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FPジャーナル10月号に寄稿:

« 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その2) | トップページ | 中小企業経営承継円滑化法の留意点(その3) »