« 非上場株式等の納税猶予制度の問題点 | トップページ | 清算所得課税方式 »

2009年10月 1日 (木)

FPジャーナル10月号

FPジャーナル10月号誌上講座の相続事業承継設計に私が書いた「住宅に関連する贈与税の特例」が掲載されました。

今回は次の特例3つについて、概要と留意点を書きました。

1.贈与税の配偶者控除の特例

2.住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例

3.直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例

2は(延長されるかもしれませんが)今年いっぱいで期限切れの特例、3は今年6月に成立した新たな特例ということで、書くとしたら時期的には今しかないと思いこのテーマとしました。

ちなみに国税庁サイトでは、タックスアンサーにて1と2の概要が次の所に掲載されています。

贈与税の配偶者控除の特例

→ http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4452.htm

住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例

→ http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

また、3については次の所にパンフレットが掲載されています。 

→ 期限切れのためリンクはありません(平成25年5月10日追記)

併せて参考にしていただければと思います。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 非上場株式等の納税猶予制度の問題点 | トップページ | 清算所得課税方式 »

コメント

はじめまして。

FPジャーナルの記事読ましていただきました。

ところで、「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」を期限付きでわざわざ作るというのは、「住宅取得等資金の贈与を受けた場合の相続時精算課税の特例」の適用期限を今度こそ延長はしないぞという当局の意思と考えるべきなんでしょうか。

投稿: kt01mk | 2009年10月 5日 (月) 00時02分

「直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例」は、当時の与党が追加景気対策で設けたものです。
必ずしも精算課税の特例と絡めたものではないはずです・・・以上私見ですので悪しからず

投稿: 管理者いちじゅん | 2009年10月 6日 (火) 17時39分

All people deserve good life and loan or car loan can make it much better. Just because freedom depends on money state.

投稿: Roach23Marisa | 2011年8月 5日 (金) 19時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/46361310

この記事へのトラックバック一覧です: FPジャーナル10月号:

» 税理士の受験資格 [税理士情報ナビ]
税理士の受験資格についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 21時46分

» 税理士の合格率 [税理士情報ナビ]
税理士の合格率についての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 22時54分

» 税理士の難易度 [税理士情報ナビ]
税理士の難易度ついての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 1日 (木) 23時44分

« 非上場株式等の納税猶予制度の問題点 | トップページ | 清算所得課税方式 »