« 親子リレーローンの税務 | トップページ | 定期金に関する評価が見直し? »

2009年11月 5日 (木)

養子の子供と直系尊属

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税(措置法70条の2)が施行され、これに関する措置法通達も発表されました。

この措置法通達の70の2-1で直系尊属に含まれないケースとして、次のように例示されています。

(以下、例示部分を抜粋)

1) 当該特定受贈者の配偶者の直系尊属(民法第727条《縁組による親族関係の発生》に規定する親族関係がある場合を除く。(2)において同じ。)

2) 当該特定受贈者の父母が養子の縁組による養子となっている場合において、当該特定受贈者が当該養子の縁組前に出生した子である場合の当該父母の養親及びその養親の直系尊属

3) 当該特定受贈者が民法第817条の21項《特別養子縁組の成立》に規定する特別養子縁組による養子である場合のその実方の父母及び実方の直系尊属

(注)養親及び当該養親の直系尊属から措置法第70条の21項に規定する住宅取得等資金を贈与により取得した場合において、当該贈与の時に民法第727条に規定する親族関係がないときは、措置法第70条の21項の規定の適用はないことに留意する。

(1)は義理の親のこと、(3)は特別養子における実親等のこと。

ややこしいのが次の(2)ですので、上記通達(2)を要約してみます。

その特定受贈者の父母(Aとします)が養子となっている場合において、その特定受贈者がその父母Aの養子縁組前に生まれた子である場合 → その父母Aの養親やその養親の直系尊属。

養子縁組は、縁組時点で養親やその血族と養子との間に血族関係が生じますが、養親やその血族と養子の血族(養子の子供等)とは血族関係が生じません。

この事から、養子縁組時点で出生していた「養子の子」は「養子の養親」等と血族関係がないことになり直系尊属とはなりません。

この事は、養子が以前死亡等したため代襲相続が起こる場合の代襲相続人の判定についても同様となりますので、希なケースかもしれませんが相続税の申告に当たっても注意が必要です。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

こちらの記事もあります

 

 

 

養子となった者の養子縁組前の子と代襲相続

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 親子リレーローンの税務 | トップページ | 定期金に関する評価が見直し? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/46679653

この記事へのトラックバック一覧です: 養子の子供と直系尊属:

» 真由子のブログ [真由子のブログ]
真由子のブログ [続きを読む]

受信: 2009年11月 6日 (金) 03時12分

« 親子リレーローンの税務 | トップページ | 定期金に関する評価が見直し? »