« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月30日 (水)

平成22年度相続税・贈与税改正案(その3)

平成22年度税制改正大綱に記載された事項から相続税と贈与税に関するものについて3回目は、小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例の改正点で、平成22年4月1日より相続または遺贈(死因贈与を含む)により取得したものから適用となります。

1.相続人等が相続税の申告期限まで居住・事業を継続しない場合には、200平方メートルまで50%の減額の適用を受けることができなくなります。

2.宅地等を共有により取得した場合、1人でも特定の要件を満たせば全員が特定の適用を受けられることを改め、取得者ごとに適用区分を判定することになります。

3.一棟の建物の敷地である宅地等のうち、一部でも特定居住用宅地等に該当しているときは全体を240平方メートルまで80%の減額の対象としていることを改め、部分ごとに按分して適用することになります。

相続税の申告割合が少ないことや地価の下落を受けて、小規模宅地等の特例は以前から縮小への見直しが言われていましたが、22年度でこの様な改正がなされることになりそうです。

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

平成22年度相続税・贈与税改正案(その2)

平成22年度税制改正大綱に記載された事項から相続税と贈与税に関するものについて2回目は、定期金に関する権利の評価の改正点です。

1.給付事由が生じているものについては、平成23年4月1日以後に相続または遺贈(死因贈与を含む)や贈与で取得した場合、解約返戻金相当額・一時金相当額・予定利率を基に算出した金額のうち、いずれか多い金額とされます。

ただし、平成22年4月1日から平成23年3月31日までに契約したものは、平成22年4月1日より取得したものから上記の適用を受けます。

2.給付事由が生じていないものについては、平成22年4月1日以後に相続または遺贈(死因贈与を含む)や贈与で取得したものから解約返戻金相当額となります。

生命保険に関する権利の評価が解約返戻金相当額に改正された後、一時払いの個人年金保険に契約し、その一時金と相続税法に規定する定期金に関する権利の評価額との乖離による相続税対策がかなり用いられているようですが、その封じ込みのための改正です。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年12月28日 (月)

平成22年度相続税・贈与税改正案(その1)

平成21年12月22日に閣議決定された平成22年度税制改正大綱が発表されました。改正法案は来年より国会で審議され、3月後半に国会を通過して成立する見込みです。

マスコミでは所得税の扶養控除やガソリン税の暫定税率などが話題を呼んでいますが、実務家の立場からは法人税や資産税の改正点が気になるところです。

そこでまずは、大綱に記載された事項から相続税と贈与税に関するものを見ていきたいと思います。

1回目は、住宅取得等資金の贈与に関する改正点です。

1.直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税については、適用期限を平成23年12月31日までと1年延長した上で、非課税限度額(現行500万円)を次のように引き上げます。

・平成22年中の贈与は、1,500万円

・平成23年中の贈与は、1,000万円

ただし、贈与を受けた者のその年の合計所得金額が2,000万円以下の者に限定して適用されます。

なお、平成22年中に住宅取得等資金の贈与を受けた者について所得要件を満たしていない場合などは、改正前の制度と選択適用できることとしています。

2.住宅取得等資金の贈与に係る相続時精算課税制度の特例は、以下のとおりとなります。

・1,000万円の上乗せ特別控除は、平成21年12月31日をもって廃止

・贈与者の年齢が65歳未満でも適用できる年齢緩和措置は、平成23年12月31日まで2年延長

これらの改正は、住宅着工数の落ち込みなどを勘案した景気対策の趣の強いもので、大半の場合が実質的な拡充となるでしょう。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »