« ラジオ出演ではこういうことをお話しました | トップページ | 平成23年度税制改正大綱 »

2010年3月18日 (木)

改正小規模宅地等

平成22年度税制改正案は衆議院を通過していて、法案も発表されています(但し、政令等はまだ発表されていません)。

法案の中で相続税関連の大きな改正である「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例(措置法69条の4)」は、現行の考え方を一新しなければならない部分があります。

その大きな事項として、小規模宅地等の類型は次の4つに変わります。

1.特定事業用宅地等

2.特定居住用宅地等

3.特定同族会社事業用宅地等

4.貸付事業用宅地等

4は、今回の改正で新たに設けられた小規模宅地等です。従来の貸付用宅地等である小規模宅地等にはなかった要件として次の2つが設けられることになりました。

1.相続税の申告期限まで貸付事業継続と宅地保有をしていること

2.被相続人の親族が取得したこと

改正が成立すると平成22年4月1日以後の相続等により取得した貸付用宅地等は、上記2つの要件を満たさないと200平方メートルまで50%の減額ができないことになります。

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« ラジオ出演ではこういうことをお話しました | トップページ | 平成23年度税制改正大綱 »

コメント

http://navitime.me/ent/8vae2wl/
欲求不満女ども相手に一週間ヤりまくったら
30万貯まっててワラタww

ヤり目的だったけどこんなに貯金増えるとかウマ過ぎだろjk

投稿: TIGER | 2010年7月15日 (木) 11時38分

きのうの守成クラブのスピーチでしゃべり過ぎてしまったそめやです。
聞いていただいて、どうもありがとうございました!
色んな人と出会える例会。
またお会いできることを楽しみにしております。ではでは!!paper

投稿: そめやん | 2010年12月 9日 (木) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/47841110

この記事へのトラックバック一覧です: 改正小規模宅地等:

« ラジオ出演ではこういうことをお話しました | トップページ | 平成23年度税制改正大綱 »