« 平成23年度の贈与税の改正 | トップページ | 平成23年度の法人税の改正 »

2010年12月27日 (月)

平成23年度の相続税の改正

平成23年度税制改正大綱より、相続税の改正について主なものの概要です。贈与税の改正が平成23年1月1日以後の贈与により取得する財産より適用されるのに対して、相続税の改正は平成23年4月1日以後の相続又は遺贈により取得する財産より適用されます。
(平成25年3月18日追記 平成23年度においてこれらの改正はされませんでした)

1.遺産に係る基礎控除額の引き下げ

3千万円+600万円×法定相続人の数

(現行 5千万円+1千万円×法定相続人の数)

2.税率

最高税率を55%に引き上げた上で、相続税の総額の計算上各法定相続人の仮取得金額2億円超の部分について税負担を重くする税率構造にする。

3.死亡保険金に係る非課税限度額

500万円×法定相続人(未成年者、障害者又は相続開始直前に被相続人と生計を一にしていた者に限る)の数

(現行 500万円×法定相続人の数)

4.未成年者控除、障害者控除の引き上げ

未成年者控除=20歳までの年数×10万円

(現行 20歳までの年数×6万円)

障害者控除=85歳までの年数×10万円(特別障害者は20万円)

{現行 85歳までの年数×6万円(特別障害者は12万円)}

以上から、相続税の改正は実務上そう適用が多いとは思えない未成年者控除と障害者控除を除き、負担増となっています。特に平成22年度の小規模宅地等の特例の改正とあわせると負担増傾向は顕著だと考えられます。

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 平成23年度の贈与税の改正 | トップページ | 平成23年度の法人税の改正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/50415037

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度の相続税の改正:

« 平成23年度の贈与税の改正 | トップページ | 平成23年度の法人税の改正 »