« 2011年1月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月26日 (木)

代償分割と税務(その3)

代償分割をする場合の税務上の注意点としては、譲渡所得との関係があります。そのうち交付する財産についてです。

代償分割により交付する財産が不動産など譲渡所得の課税対象となる資産である場合、時価で譲渡したものとして交付した相続人に譲渡益に対して所得税・住民税が課税されてしまいます。従って、現金以外の財産を交付する場合には注意が必要です。

以下、その取扱いに関する通達(1)と国税庁解説(2)です。

(1)所得税基本通達33-1の5

遺産の代償分割(現物による遺産の分割に代え共同相続人の一人又は数人に他の共同相続人に対する債務を負担させる方法により行う遺産の分割をいう。以下同じ。)により負担した債務が資産の移転を要するものである場合において、その履行として当該資産の移転があったときは、その履行をした者は、その履行をした時においてその時の価額により当該資産を譲渡したこととなる。

(2)国税庁タックスアンサー No.4173  代償分割が行われた場合の相続税の課税価格の計算

より抜粋

代償財産として交付する財産が相続人固有の不動産の場合には、遺産の代償分割により負担した債務を履行するための資産の移転となりますので、その履行した人については、その履行の時における時価によりその資産を譲渡したことになり、所得税が課税されます。

一方、代償財産として不動産を取得した人については、その履行があった時の時価により、その資産を取得したことになります。

―――☆☆―――☆☆―――

代償分割と税務シリーズ 目次 

(このエントリーも含みます)

代償分割と税務(その1) 概要

代償分割と税務(その2) 相続税課税について

代償分割と税務(その3) 譲渡所得との関係

代償分割と税務(その4) 相続税額の取得費加算との関係

代償分割と税務(その5) 相続税の課税価格の調整計算

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月24日 (火)

平成24年分の路線価図

平成24年分の路線価図等の閲覧は、7月2日(月)からの予定だそうです。

国税庁サイトより → http://www.nta.go.jp/sonota/sonota/osirase/rosenka.htm

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月23日 (月)

代償分割と税務(その2)

代償分割をする場合の税務上の注意点はいろいろありますが、まずは基礎中の基礎です。

代償分割により現物を取得した相続人が他の共同相続人などに対して債務として金銭等の財産を交付する場合、その交付を受けた財産は税務上あくまで相続により取得した財産として相続税の課税対象となります。被相続人以外の者から無償で財産を取得したので贈与税の課税になると誤解しそうですが、そうではありません。

ただし、次の点が重要です。

遺産分割協議書に代償分割である旨とその内容を記載しておくこと。

これにより、税務上も相続による分割財産として相続税課税の対象となります。

―――☆☆―――☆☆―――

代償分割と税務シリーズ 目次 

(このエントリーも含みます)

代償分割と税務(その1) 概要

代償分割と税務(その2) 相続税課税について

代償分割と税務(その3) 譲渡所得との関係

代償分割と税務(その4) 相続税額の取得費加算との関係

代償分割と税務(その5) 相続税の課税価格の調整計算

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

代償分割と税務(その1)

代償分割という遺産分割方法を利用した相続実務によく当たっています。この分割方法の元々の根拠は、家事審判規則第109条で以下のとおりです。

家庭裁判所は、特別の事由があると認めるときは、遺産の分割の方法として、共同相続人の一人又は数人に他の共同相続人に対し債務を負担させて、現物をもつてする分割に代えることができる。

実際には、家庭裁判所における手続きではない一般的な遺産分割協議でも利用されています。具体的には、遺産分割協議における共同相続人全員の合意により、共同相続人などのうちの1人又は数人に相続財産を現物で取得させ、その現物を取得した相続人が他の共同相続人などに対して債務として金銭等の財産を交付するものです。

相続財産である銀行預金等の分割として使うケースも多いです。

預金口座が多くあり相続人別に割り当てることが困難なとき、相続人の数が多いとき、遠方に住む相続人が多いときなどにおいて、相続人代表者の名義に換えて解約し、その解約金から各相続人に代償金として現金を振り込む形です。この様なケースでは税務上特に問題も生じません。

―――☆☆―――☆☆―――

代償分割と税務シリーズ 目次 

(このエントリーも含みます)

代償分割と税務(その1) 概要

代償分割と税務(その2) 相続税課税について

代償分割と税務(その3) 譲渡所得との関係

代償分割と税務(その4) 相続税額の取得費加算との関係

代償分割と税務(その5) 相続税の課税価格の調整計算

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2012年5月 »