« 平成25年度税制改正より相続税等のうち前倒しされるものの適用時期 | トップページ | 祖父母からの教育資金贈与と贈与税の非課税 »

2013年4月 3日 (水)

平成26年4月より印紙を貼る必要のない領収書が増える!

所得税法等の一部を改正する法律案第5条にて

印紙税法の別表第一の非課税物件の3万円を5万円に改める(要約)

とありました。

この法案はご案内のとおり、平成25年3月29日に参議院で可決・成立したことから、印紙税法のうち領収書等の印紙の非課税が次のようになります。

平成26年4月1日以降に作成される金銭又は有価証券の受取書(いわゆる領収書など)については、受取金額が5万円(現行3万円)未満のものについて非課税とする。

ということから、印紙を貼る必要のない領収書やレシートが平成26年4月より増えることになります。

もちろん営業に関しない領収書といった受取書(例:個人税理士事務所が発行する領収書)は金額にかかわらず今も非課税で変わりなしです。

なお、詳細は次の国税庁発行パンフレットにて確認して下さい。

→ 「印紙その1」をダウンロード

また、「不動産譲渡契約書」及び「建設工事請負契約書」の印紙税の軽減措置の延長及び拡充も図られます。この詳細は次の国税庁発行パンフレットにて確認して下さい。

→ 「印紙その2」をダウンロード

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 平成25年度税制改正より相続税等のうち前倒しされるものの適用時期 | トップページ | 祖父母からの教育資金贈与と贈与税の非課税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/57096325

この記事へのトラックバック一覧です: 平成26年4月より印紙を貼る必要のない領収書が増える!:

« 平成25年度税制改正より相続税等のうち前倒しされるものの適用時期 | トップページ | 祖父母からの教育資金贈与と贈与税の非課税 »