« 単身赴任している親族が相続などで取得する場合の特定居住用宅地等に注意 | トップページ | みなし贈与となる受取保険金を自宅購入資金とした場合の贈与税の配偶者控除 »

2013年7月30日 (火)

非嫡出子の法定相続分に違憲判決が出ると相続税は?

(平成25年9月5日 再追記)

平成25年9月4日に最高裁判所大法廷にて違憲判決が出ました。

新聞報道等によると、最高裁判所大法廷は裁判官14人全員一致で

「非嫡出子の相続分が嫡出子の相続分の2分の1であるとする民法の規定は今回の事案の相続開始時点である平成13年年7月までに違憲であった。

ただし、調停・審判や当事者間の合意などですでに確定した他の遺産分割について、今回の違憲判断は影響を及ぼさない」

としています。

―――☆☆―――☆☆―――

最近報道で「違憲判決」をよく聞くような気がしますが、この秋、早ければ9月にも最高裁で「非嫡出子の相続分」について違憲判断がでる可能性があるとのこと。

民法第900条第4号では相続分について

子が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする(抜粋)。

としています。

しかし第4号ただし書きで

嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1とする(抜粋)。

として、非嫡出子(法律上の婚姻関係のない間柄に生まれた子)は嫡出子(逆に法律上の婚姻関係がある間柄に生まれた子)の半分としています。

最高裁違憲判決の可能性があるのは、このただし書きについて、法の下の平等を保証した憲法に違反するとして争われたものです。

もし最高裁の違憲判決が出た場合、国会は法改正を求められ嫡出子と非嫡出子の相続分は等しくなりそうです。

この場合には相続税の計算にも一部影響が出てきます。

相続税法第16条では「相続税の総額の計算」について次のように規定しています。

相続税の総額は、同一の被相続人から相続等により財産を取得したすべての者に係る相続税の課税価格の合計額から遺産に係る基礎控除額を控除した金額を相続税法第15条第2項に規定する相続人の数(法定相続人の数)に応じた相続人が

民法第900条及び第901条の規定による相続分

に応じて取得したものとした場合の各取得金額について一定の計算をした金額を合計した金額とする(要約)。

民法第900条の規定を用いて相続税の計算は行われるわけで、もし違憲判決による民法第900条第4号が改正された場合、相続人の中に嫡出子と非嫡出子がいるときの相続税の計算も変わることになります。

さらに遡って適用されることになれば、国税通則法第23条の更正の請求との絡みも出てきますので、今後の動向に注目です。

(追記 上記相続税関連の改正については 非嫡出子に関する違憲判決による相続税への影響が公表 を参照してください)

―――☆☆―――☆☆―――

こちらの記事もあります

課税価格合計3億円で非嫡出子の法定相続分が変わると・・・相続税を試算してみました


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 単身赴任している親族が相続などで取得する場合の特定居住用宅地等に注意 | トップページ | みなし贈与となる受取保険金を自宅購入資金とした場合の贈与税の配偶者控除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/57892345

この記事へのトラックバック一覧です: 非嫡出子の法定相続分に違憲判決が出ると相続税は?:

« 単身赴任している親族が相続などで取得する場合の特定居住用宅地等に注意 | トップページ | みなし贈与となる受取保険金を自宅購入資金とした場合の贈与税の配偶者控除 »