« 出生後間もない乳児の生活の本拠 | トップページ | 寡婦控除も違憲? »

2013年8月29日 (木)

課税価格合計3億円で非嫡出子の法定相続分が変わると・・・相続税を試算してみました

相続税の試算の依頼を受けているのですが、現行と平成27年1月以降の改正分を2つのパターンで試算することになりました。

従来から使っていた相続税ソフトは申告計算までできるのですが、融通が利かなくてパターン分けをすると大変でした。そこで今回から簡易ですが結構よくできている相続税試算専用ソフトに変えることにしました。

そこでまずはお試し入力テストをしてみたのですが、せっかくなのでブログに結果を載せることにしました。

内容は

相続人構成を2つ作り、違憲問題で揺れる非嫡出子の法定相続分が変わらない場合(非嫡出子は嫡出子の2分の1)と変わる場合(同等)に分けて、さらに平成27年1月1日よりの改正前後で比較という形で入れてみました。

課税価格の合計額を3億円として、相続税の総額(端数切り上げ)を比較してみた結果は次のとおりです。

1.相続人が配偶者、嫡出子2人、非嫡出子1人の場合

法定相続分は

変わらない場合 配偶者1/2、嫡出子それぞれ1/5、非嫡出子1/10

変わる場合 配偶者1/2、嫡出子・非嫡出子それぞれ1/6

変わらない場合

変わる場合

差異

改正前

4,045万円

4,000万円

45万円

改正後

5,107万円

5,080万円

27万円

(※)上記は相続税の総額である。

配偶者がいるため、納付すべき税額の合計額については配偶者の税額軽減額の適用により最大で半分以下になる。

2.相続人が嫡出子2人、非嫡出子1人の場合

法定相続分は

変わらない場合 嫡出子それぞれ2/5、非嫡出子1/5

変わる場合 嫡出子・非嫡出子それぞれ1/3

変わらない場合

変わる場合

差異

改正前

4,560万円

4,500万円

60万円

改正後

5,476万円

5,460万円

16万円

今回の試算では、法定相続分の改正で大きくは変わらないです。

それでも法定相続分が同等に変わった場合には、全体で数十万円減少しています。

―――☆☆―――☆☆―――

こちらの記事もあります

非嫡出子に関する違憲判決による相続税への影響が公表

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 出生後間もない乳児の生活の本拠 | トップページ | 寡婦控除も違憲? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/58088555

この記事へのトラックバック一覧です: 課税価格合計3億円で非嫡出子の法定相続分が変わると・・・相続税を試算してみました:

» 税理士とは [士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役]
◇税理士の資格について◇士業でもメジャーな税理士ですが、どのような専門家なのでしょうか、改めて見てみましょう。税理士は、まず国家資格を有している必要があります。これは税理士法に定められていることです。しかし、この資格だけでは税理士として活動できません。国家資格を有した上で、さらに日本税理士連合会という組織の税理士名簿に登録されている必要があります。これは財務省令で定められています。◇税理士の業務◇税理士の業務には以下のものがあります。税務代理税務書類の作成税務相談それぞれにつ..... [続きを読む]

受信: 2013年9月 3日 (火) 22時24分

« 出生後間もない乳児の生活の本拠 | トップページ | 寡婦控除も違憲? »