« 更新料を受け取ったときは臨時所得の検討が必要 | トップページ | 平成26年4月1日より変わる税制 よく知られていることいないこと »

2014年2月24日 (月)

損の出ているゴルフ会員権等の売却は今年3月31日までに

下記文書を配布していますが、ブログにも掲載いたします(平成26年2月24日付)。

 

――――――――――――――

 

平成26年度の税制改正大綱で下記のように記され、国会では与党が多数のためこのまま改正されることになるでしょう。

 

 
 

譲渡損失の他の所得との損益通算及び雑損控除を適用することができない生活に通常必要でない資産の範囲に、主として趣味、娯楽、保養又は鑑賞の目的で所有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権等)を加える。

 

(注)上記の改正は、平成26年4月1日以後に行う資産の譲渡等について適用する。

 

 

これによりゴルフ会員権や利用権型リゾート会員権などを売却して出た損失は今年3月31日までは給与や事業、不動産といった他の所得から差し引いて所得税等を軽減してくれるのに対し、4月1日以降にこれらを売却して出た損失はなかったものとされて軽減効果がなくなります。

 

もし売却したときに損の出るゴルフ会員権等を個人でお持ちの場合は、早めに売却の検討をする必要があります。

 

なお、法人所有の場合は関係ありません。

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 更新料を受け取ったときは臨時所得の検討が必要 | トップページ | 平成26年4月1日より変わる税制 よく知られていることいないこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/59189671

この記事へのトラックバック一覧です: 損の出ているゴルフ会員権等の売却は今年3月31日までに:

« 更新料を受け取ったときは臨時所得の検討が必要 | トップページ | 平成26年4月1日より変わる税制 よく知られていることいないこと »