« 消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率 | トップページ | 所得税研修資料より医療費控除の留意点について »

2014年2月 4日 (火)

復興特別所得税を忘れずに

本日、税理士会の確定申告税務相談会に行ってきました。役割は申告書の収受係でしたが、「前日までの事績によると平成25年分所得税確定申告書を手書きで作成して提出される方の復興特別所得税の記載忘れが目立つので注意してくれ」との事前のお達しがありました。

実際、収受する前に確認していくと手書きの方のほぼ半数が復興特別所得税の記載をしておらず、そのため最終税額である所得税及び復興特別所得税の額に誤りがありました。平成25年分から創設された新税だけに初年度となる今年の確定申告では特に記載忘れが多いようです。

復興特別所得税はそれぞれ次の欄に次の金額を記載することになっていますので、手書きで作成される方は記載を忘れないように注意しましょう。

申告書

記載欄

記載金額

確定申告書A

35欄

再差引所得税額(基準所得税額)となる34欄×2.1%

確定申告書B

41欄

再差引所得税額(基準所得税額)となる40欄×2.1%

(平成26年2月17日追記)国税庁サイトでも呼びかけています。

復興特別所得税の記載漏れにご注意ください(個人の納税者の方へ)

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率 | トップページ | 所得税研修資料より医療費控除の留意点について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/59071011

この記事へのトラックバック一覧です: 復興特別所得税を忘れずに:

« 消費税率引上げに伴う資産の譲渡等の適用税率 | トップページ | 所得税研修資料より医療費控除の留意点について »