« ゆうメールで送った申告書に関する裁決 | トップページ | 復興特別法人税廃止後の法人税額からの控除 »

2014年6月 5日 (木)

相続税・贈与税関連情報より

国税庁サイトに 相続税・贈与税・事業承継税制関連情報 が掲載されています。

平成27年1月1日以後に相続等又は贈与により取得する財産に適用される相続税又は贈与税の主な改正項目が掲載されていますが、その内容についてはリンクしたパンフレット等を見なければなりません(平成26年6月現在)。

 

そこでピックアップされた項目について、その概略を記しました(事業承継税制を除きます)。

 

1.相続税

(1)遺産に係る基礎控除額が引き下げられ、次のとおりとなります。

3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

(2)最高税率の引上げなど税率構造が変わるため、速算表が次のとおりとなります。

<速算表>

                                                     
 

法定相続分に応ずる取得金額

 
 

税率

 
 

控除額

 
 

10,000千円以下

 
 

10%

 
 

 
 

10,000千円超    30,000千円以下

 
 

15%

 
 

500千円

 
 

30,000千円超    50,000千円以下

 
 

20%

 
 

2,000千円

 
 

50,000千円超   100,000千円以下

 
 

30%

 
 

7,000千円

 
 

100,000千円超  200,000千円以下

 
 

40%

 
 

17,000千円

 
 

200,000千円超  300,000千円以下

 
 

45%

 
 

27,000千円

 
 

300,000千円超  600,000千円以下

 
 

50%

 
 

42,000千円

 
 

600,000千円超

 
 

55%

 
 

72,000千円

 

 

(3)税額控除のうち、未成年者控除や障害者控除の控除額が引き上げられます。

・未成年者控除

10万円×「20歳に達するまでの年数(1年未満の端数は切り上げ)」

 

・障害者控除

[一般障害者]

10万円×「85歳に達するまでの年数(1年未満の端数は切り上げ)」

 

[特別障害者]

20万円×「85歳に達するまでの年数(1年未満の端数は切り上げ)」

 

(4)小規模宅地等の特例について、特例の適用対象となる宅地等の面積等が次のとおり変わります。

[限度面積]

特定居住用宅地等 330平方メートル

 

[特定居住用宅地等と特定事業用等宅地等を併用する場合の面積制限]

特定居住用宅地等(330平方メートルまで)+特定事業用等宅地等(400平方メートルまで)→730平方メートルまで

 

(※)ただし、貸付事業用宅地等を併用する場合には次の面積制限となります。

特定居住用宅地等×200/330+特定事業用等宅地等×200/400+貸付事業用宅地等→200平方メートルまで

 

2.贈与税

(1)相続時精算課税について、適用対象者の範囲の拡大など適用要件が次のとおり変わります。

[贈与者]

贈与をした年の1月1日において年齢が60歳以上の者

 

[受贈者]

贈与を受けた年の1月1日において年齢が20歳以上である贈与者の推定相続人である直系卑属(子および子の代襲相続人)と孫

 

(2)暦年課税について、最高税率の引上げや税率の緩和など税率構造が変わるため、速算表が次のとおりとなります。

<速算表>

[特定贈与財産(注)]

                                                     
 

基礎控除後の課税価格

 
 

税率

 
 

控除額

 
 

2,000千円以下

 
 

10%

 
 

 
 

2,000千円超     4,000千円以下

 
 

15%

 
 

100千円

 
 

4,000千円超     6,000千円以下

 
 

20%

 
 

300千円

 
 

6,000千円超    10,000千円以下

 
 

30%

 
 

900千円

 
 

10,000千円超   15,000千円以下

 
 

40%

 
 

1,900千円

 
 

15,000千円超   30,000千円以下

 
 

45%

 
 

2,650千円

 
 

30,000千円超   45,000千円以下

 
 

50%

 
 

4,150千円

 
 

45,000千円超

 
 

55%

 
 

6,400千円

 

(注)その年の1月1日で20歳以上の者が直系尊属からの贈与により取得した財産

 

[一般贈与財産]

                                                     
 

基礎控除後の課税価格

 
 

税率

 
 

控除額

 
 

2,000千円以下

 
 

10%

 
 

 
 

2,000千円超  3,000千円以下

 
 

15%

 
 

100千円

 
 

3,000千円超   4,000千円以下

 
 

20%

 
 

250千円

 
 

4,000千円超    6,000千円以下

 
 

30%

 
 

650千円

 
 

6,000千円超   10,000千円以下

 
 

40%

 
 

1,250千円

 
 

10,000千円超   15,000千円以下

 
 

45%

 
 

1,750千円

 
 

15,000千円超   30,000千円以下

 
 

50%

 
 

2,500千円

 
 

30,000千円超

 
 

55%

 
 

4,000千円

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« ゆうメールで送った申告書に関する裁決 | トップページ | 復興特別法人税廃止後の法人税額からの控除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/59762793

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税・贈与税関連情報より:

« ゆうメールで送った申告書に関する裁決 | トップページ | 復興特別法人税廃止後の法人税額からの控除 »