« 養子となった者の養子縁組前の子と代襲相続 | トップページ | 一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い(その2 施行令と通達の改正) »

2014年8月19日 (火)

一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い(その1 最高裁判決)

一時所得となる満期保険金等で本人以外の者が負担した保険料については、一時所得の金額の計算上控除できないとした平成24年1月13日の最高裁判所判決があります。

 

この事案は次のとおりです。

Aらが経営する株式会社Bが契約者となり保険料を支払った養老保険契約(注)に基づいて満期保険金の支払を受けたAらが、その満期保険金の金額を一時所得に係る総収入金額に算入した上で,株式会社Bの支払った上記保険料の全額を「その収入を得るために支出した金額」として一時所得の金額の計算上控除して所得税の確定申告をしたところ、上記保険料のうちその2分の1に相当する(損金経理をした)部分は「その収入を得るために支出した金額」に当たらないとした所轄税務署長の更正処分等に対して取消しを求めたものです。

 

(注)死亡保険金は株式会社B、満期保険金はAらが受取人とするもので、Bは支払保険料のうち2分の1を損金の額に算入し、残り2分の1をAらへの貸付金として処理していた。

 

法令では、一時所得の金額の計算上その収入を得るために支出した金額は控除する(所得税法第34条第2項)とされ、その控除する「支出した金額」として生命保険契約等に基づく一時金に係る保険料等の総額(小規模企業共済解約手当金に係る掛金など特定のものを除く)があります(所得税法施行令183条第2項第2号 なお、改正後については「その2」を参照)。

 

最高裁判所は次の理由により、この保険料等の総額のうち「その収入を得るために支出した金額」に該当するためには,それがその収入を得た個人において自ら負担して支出したものといえる場合でなければならないして、この更正処分を妥当としました。

 

 
 

・一時所得についてその所得金額の計算方法を定めた所得税法第34条第2項は、一時所得に係る収入を得た個人の担税力に応じた課税を図る趣旨のものであること

 

・「その収入を得るために支出した金額」を一時所得の金額の計算上控除するのは,一時所得に係る収入のうちこのような支出額に相当する部分がその個人の担税力を増加させるものではないことを考慮したものであること

 

・この「支出した金額」とは、一時所得に係る収入を得た個人が自ら負担して支出したものといえる金額をいうと解するものであること

 

・「その収入を得るために支出した金額」という文言も,収入を得る主体と支出をする主体が同一であることを前提としたものであること

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い シリーズ 目次 

 

(このエントリーも含みます)

 

 

 

その1 最高裁判決

 

 

 

その2 施行令と通達の改正

 

 

 

その3 多くの場合は控除される

 

 

 

その4 みなし贈与課税について

 

 

 

その5 建物更生共済の満期保険金

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 
 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 養子となった者の養子縁組前の子と代襲相続 | トップページ | 一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い(その2 施行令と通達の改正) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/60175698

この記事へのトラックバック一覧です: 一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い(その1 最高裁判決):

« 養子となった者の養子縁組前の子と代襲相続 | トップページ | 一時所得となる満期保険金等における本人以外の者が負担した保険料の取扱い(その2 施行令と通達の改正) »