« 法令通達等による交際費等の例示 | トップページ | 小規模宅地等の特例を受けるには遺産分割協議書に署名が必要 »

2014年11月18日 (火)

相続税のあらましを見て(相続税税務相談より)

国税庁より「相続税のあらまし(平成27年分用)」というパンフレットが出ました。

一般的な内容が簡潔にまとめられていますし、相続税の総額までを中心に計算例も記載されていて良い内容だと思います。

 

その上でもう少し付け加えると。

相続税の遺産に係る基礎控除額の縮小(※)などの相続税増税もあり、最近は電話にしろ面談にしろ相続税税務相談を担当する機会が非常に多いです。この相談の中で最も多いものがこの「遺産に係る基礎控除額の縮小」がいつからなのかということです。

 

(※)次の計算式となり、6割に縮小されることになります。

3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

この点について上記パンフレットでははっきりしないのですが、これは次のとおりです。

 

       
 

相談会でする回答例

 
 

平成27年1月1日以後に亡くなられた方についての相続税より

 
 

詳細に述べると(所得税法等の一部を改正する法律 平成25年3月30日 附則第10条より)

 
 

平成27年1月1日以後に相続又は遺贈(死因贈与を含む)により取得する財産に係る相続税より

 

 

さらに相続税について相談したいという方は

上記パンフレットで日本税理士会連合会の税理士情報検索サイトも紹介されていますが、宜しければ当事務所にご連絡下さい。

 ↓

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

メール

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

難しすぎない相続税のおはなし

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

基礎編目次

|

« 法令通達等による交際費等の例示 | トップページ | 小規模宅地等の特例を受けるには遺産分割協議書に署名が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/60673588

この記事へのトラックバック一覧です: 相続税のあらましを見て(相続税税務相談より):

« 法令通達等による交際費等の例示 | トップページ | 小規模宅地等の特例を受けるには遺産分割協議書に署名が必要 »