« 報道から予測 平成27年度税制改正大綱 | トップページ | 平成27年1月1日より変わる相続税 »

2014年12月26日 (金)

報道から予測 平成27年度税制改正のうち結婚育児贈与の特例

平成27年度税制改正大綱は、平成26年12月30日に発表される予定です。その中で結婚・出産・育児などの費用に充てるための資金の一括贈与について非課税の特例措置が設けられるようですが、マスコミ報道から推測するに概要は次のようなもののようです(平成27年12月25日現在による)。

 

                             
 

贈与者

 
 

親、、祖父母(受贈者の直系尊属と思われます)

 
 

受贈者

 
 

年齢20~49歳の者

 
 

非課税限度額

 
 

受贈者1人当たり1千万円

 
 

非課税となる資金の使途

 
 

結婚式、不妊治療、子どもの保育のための費用など

 
 

贈与の方法

 
 

受贈者の名義で金融機関に口座を開設して資金を一括して預ける方法

 
 

適用期間

 
 

平成27年度から4年間

 
 

贈与税が課税される場合

 
 

受贈者が50歳になる前に贈与者である親や祖父母が死亡したときに残額がある場合

 
 

受贈者が50歳になったときに残額がある場合

 

 

上記を見る限り、制度としては「直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合の贈与税の非課税制度(措置法第70条の2の2)」に近いものになるようです。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 報道から予測 平成27年度税制改正大綱 | トップページ | 平成27年1月1日より変わる相続税 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/60867569

この記事へのトラックバック一覧です: 報道から予測 平成27年度税制改正のうち結婚育児贈与の特例:

« 報道から予測 平成27年度税制改正大綱 | トップページ | 平成27年1月1日より変わる相続税 »