« 不動産所得の総収入金額の計上時期(その3 権利金、更新料等) | トップページ | 成年後見人が受領した報酬の収入すべき時期 »

2015年2月13日 (金)

不動産所得の総収入金額の計上時期(その4 返還を要しなくなった敷金等)

不動産等の貸付けをしたことに伴い敷金、保証金等を受け取った場合、通常は賃貸人の債務担保のための預り金であるため、不動産所得の総収入金額には算入されません。

しかし、敷金、保証金等の名目により受け取った額のうち、返還不要な部分については不動産所得の金額の計算上総収入金額に算入することになります。

そしてその算入時期は、それぞれ次によることとされています(所得税基本通達36-7)。

 

1.貸付期間の経過に関係なく返還を要しないこととなっている部分の金額

 

         
 

貸付契約に伴い、貸付資産の引渡しを要するもの

 
 

(原則)貸付資産の引渡しのあった日

 
 

貸付契約の効力発生の日とすることもできる

 
 

貸付契約に伴い、貸付資産の引渡しを要しないもの

 
 

貸付契約の効力発生の日

 

 

この詳細は 返還不要な入居保証金等はいつの収益? を参照して下さい。

 

2.貸付期間の経過に応じて返還を要しないこととなる部分の金額

 

       
 

算入時期

 
 

貸付契約に定められたところにより、返還を要しないこととなった日

 
 

具体例

 
 

(契約)

 

3年以内に解約した場合は70%返還

 

以後解約の場合には50%返還

 

 

(算入時期と計上する金額)

 

引渡時 30%(計算=1-70%)を算入

 

3年経過した日 20%(計算=70%-50%)を算入

 

 

3.貸付期間が終了しなければ返還を要しないことが確定しない部分の金額

 

       
 

算入時期

 
 

貸付けが終了した日

 
 

具体例

 
 

(契約)

 

3年以内に解約した場合は70%返還

 

以後解約の場合には全額返還

 

 

(算入時期と計上する金額)

 

3年以内に解約した場合 解約時に30%(計算=1-70%)を算入

 

3年経過後に解約した場合 なし

 

 

なお、これらの収入金額のうち、実質的に権利金や更新料に相当するものであって、所得税法施行令第8条第2号の要件に該当するものは、臨時所得として平均課税の対象となります(平成26年版 所得税基本通達逐条解説 大蔵財務協会 より)。

この臨時所得については 更新料を受け取ったときは臨時所得の検討が必要 を参照して下さい。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

不動産所得の総収入金額の計上時期 シリーズ 目次 

 

(このエントリーも含みます)

 

その1 賃貸料収入

 

その2 係争等がある場合の賃貸料収入

 

その3 権利金、更新料等

 

その4 返還を要しなくなった敷金等

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 不動産所得の総収入金額の計上時期(その3 権利金、更新料等) | トップページ | 成年後見人が受領した報酬の収入すべき時期 »

コメント

Hi there! This blog post could not be written any better! Looking through this article reminds me of my previous roommate! He continually kept preaching about this. I am going to forward this article to him. Pretty sure he will have a good read. Thanks for sharing!

投稿: Mack | 2015年3月 5日 (木) 08時02分

Very interesting points you have noted, regards for putting up.

投稿: Adolph | 2015年3月 7日 (土) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/61125482

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産所得の総収入金額の計上時期(その4 返還を要しなくなった敷金等):

« 不動産所得の総収入金額の計上時期(その3 権利金、更新料等) | トップページ | 成年後見人が受領した報酬の収入すべき時期 »