« 生命保険契約に係る満期保険金等と所得税 | トップページ | 起業・ベンチャーへの各種支援策 »

2015年8月31日 (月)

FPジャーナル2015年9月号で低額譲渡等について執筆(CFP試験にチャレンジ)

 

日本FP協会発行FPジャーナルにて、2015年6月号に続いて5度目となるCFP試験の問題を解説した「CFP試験にチャレンジ(タックスプランニング)」を書きました。

Fpj27091blog_2



 

今回は平成26年度第2回CFP試験から3問選び、1問が法人における受取保険金と役員退職金について、2問が低額譲渡関係(個人→法人、法人→個人)について書いています。

 

Fpj27092blog

 

 

 

 

 

低額譲渡について執筆した上記記事は試験問題の解説ですが、このブログで実務的な解説をしたシリーズがあります。

 

もう少し突っ込んだことを知りたい方は下記の各エントリーを参照してください。

 

 

 

・個人が低額譲渡したとき

 

1  その1 譲渡先が法人の場合

 

 

 

2  その2 譲渡先が同族法人の場合のみなし贈与

 

 

 

3  その3 譲渡先が個人の場合

 

 

 

・法人が低額譲渡したとき

 

1  その1 譲渡先が個人の場合

 

 

 

2  その2 譲渡先が法人の場合

 

 

 

3  その3 譲渡先がグループ法人の場合

 

 

 

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

 

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

 

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

 

 

業務のご案内

 

 

 

 

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

 

 

今すぐご連絡を

 

 

 

 ↓

 

 

 

メール

 

 

 

TEL 045-334-2793

 

 

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

 

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

 

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

 

 

 

 

所在地図

 

 

 

 

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

 

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

 

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

 

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

 

 

基礎編目次

 

 

 

 

 

 

 

|

« 生命保険契約に係る満期保険金等と所得税 | トップページ | 起業・ベンチャーへの各種支援策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FPジャーナル2015年9月号で低額譲渡等について執筆(CFP試験にチャレンジ):

« 生命保険契約に係る満期保険金等と所得税 | トップページ | 起業・ベンチャーへの各種支援策 »