« マイナンバーの通知カードの郵送が始まります | トップページ | 収用等における譲渡所得の特別控除の適用除外に例外あり »

2015年10月 3日 (土)

本人交付用源泉徴収票にマイナンバーの記載は不要!

平成27年10月2日の所得税法施行規則等の改正により、平成28年1月以降においても、給与などの支払を受ける者に交付する源泉徴収票等に個人番号(マイナンバー)の記載はしないことになりました。

ただし(当然ですが)税務署に提出する源泉徴収票等には個人番号の記載が必要です。

 

これは、交付の際に個人情報の漏えい又は滅失等の防止のための措置を講ずる必要が生じるが、従来よりもコストを要することになることや郵便事故等による情報流出のリスクが高まるといったことに配慮したことによります。元々、記載する必要性について疑問を感じていたもので、実務上大変有り難い改正です。

 

なお、個人番号の記載が不要となる税務関係書類は次のもので、いずれも給与などの支払を受ける者に交付するものに限るとしています。

 

 
 

・給与所得の源泉徴収票

 

・退職所得の源泉徴収票

 

・公的年金等の源泉徴収票

 

・配当等とみなす金額に関する支払通知書

 

・オープン型証券投資信託収益の分配の支払通知書

 

・上場株式配当等の支払に関する通知書

 

・特定口座年間取引報告書

 

・未成年者口座年間取引報告書

 

・特定割引債の償還金の支払通知書

 

 

これらの詳細は 国税庁パンフレット 「本人へ交付する源泉徴収票や支払通知書等への個人番号の記載は必要ありません!」 を参照してください。


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

神奈川県 境川

Sakaigawa270921

|

« マイナンバーの通知カードの郵送が始まります | トップページ | 収用等における譲渡所得の特別控除の適用除外に例外あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/62400627

この記事へのトラックバック一覧です: 本人交付用源泉徴収票にマイナンバーの記載は不要!:

« マイナンバーの通知カードの郵送が始まります | トップページ | 収用等における譲渡所得の特別控除の適用除外に例外あり »