« 中小企業・小規模事業者関係の平成28年度税制改正 | トップページ | 公社債の利子に対する所得税額の控除(法人税) »

2016年1月 7日 (木)

ふるさと納税ワンストップ特例は確定申告すると無効になります

 
 

以下のサイトを参考にしました。

     

総務省HP ふるさと納税トピックス一覧 制度改正について(2015年4月1日)

 

 

愛媛県伊予郡砥部町HP ふるさと納税~ワンストップ特例とは~

 

 

確定申告不要な給与所得者等がふるさと納税を行う場合に「ふるさと納税ワンストップ特例制度」の適用を受けると、確定申告を行わなくてもふるさと納税の寄附金控除が受けられるます。この制度では所得税からの控除はせずに、翌年6月以降の住民税を減額するという形での控除が行われます。

この制度は、平成27年4月1日以降に5団体以内の自治体に対して行うふるさと納税が対象で、ふるさと納税を行う際に各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出する必要があります。

 

留意すべき点は、申請手続きを行ったとしても5団体を超える自治体に申請を行った場合や確定申告や住民税申告を行った場合にはワンストップ特例の申請は無効となることです。

 

例年は確定申告をしない給与所得者であっても医療費控除による還付申告を行った場合などは、この制度は無効となります。従って、このような場合には併せて寄附金の申告をする必要があります。


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 中小企業・小規模事業者関係の平成28年度税制改正 | トップページ | 公社債の利子に対する所得税額の控除(法人税) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/63020656

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさと納税ワンストップ特例は確定申告すると無効になります:

« 中小企業・小規模事業者関係の平成28年度税制改正 | トップページ | 公社債の利子に対する所得税額の控除(法人税) »