« 借地権の対象となる建物が滅失した土地の相続税評価額 | トップページ | 国土交通省より空き家の譲渡所得の3,000万円控除特別について »

2016年5月31日 (火)

FPジャーナル平成28年6月号に記事を執筆

FPジャーナルの連載「CFP試験にチャレンジ」のタックスプランニングを4月号に続いて6月号にも書きました。

 

今回は、平成27年度第2回CFP試験から次の2つを解説しています。

・純損失の繰越控除

・申告分離課税とした上場株式等に係る譲渡損失の繰越控除

 

字数制限の関係から、制度の概要は省略して問題の解説に終始しました。

 

以上、告知でした。


Fpj28062


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

|

« 借地権の対象となる建物が滅失した土地の相続税評価額 | トップページ | 国土交通省より空き家の譲渡所得の3,000万円控除特別について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/63710096

この記事へのトラックバック一覧です: FPジャーナル平成28年6月号に記事を執筆:

« 借地権の対象となる建物が滅失した土地の相続税評価額 | トップページ | 国土交通省より空き家の譲渡所得の3,000万円控除特別について »