« 連年贈与と贈与税(文書回答より) | トップページ | 25年表彰 »

2016年6月15日 (水)

法人が支払った青年会議所への交通費等

法人の代表者が青年会議所の会議等に出席するための交通費、宿泊費及び日当を、旅費交通費としてその法人の法人税の計算上損金の額に算入したところ、その費用は法人の事業の遂行上必要な費用には当たらず、代表者に対して給与を支給したものと認められるとした原処分庁を支持した国税不服審判所の裁決が公開されています。

 

平成27年7月28日裁決

 

審判所の判断は次の通りでした(抜粋して要約)

 

 
 

・この代表者の各会議等への出席は、社会の発展への寄与などの青年会議所の活動目的を遂行するためのものであったと認められることから、この旅費交通費は法人の事業の遂行上必要なものであったとはいえず、この代表者が個人的に負担すべきものである。

 

・この代表者が各会議等に出席したことが、取引先の確保や代表者の経営者としての能力の向上、新規事業の開拓に寄与することになったとしても、この出席が社会の発展への寄与などの青年会議所の活動目的を遂行するためのものであったことから、それは青年会議所の活動に付随する副次的な効果にすぎず、この代表者の各会議等への出席が法人の事業の遂行上必要なものであったということはできない。

 

・国際青年会議所が「ビジネスの機会」を恒久的プログラムとして掲げたとしても、これによって青年会議所が主催する活動に特定の会員が営業活動等を行うプログラムが組み込まれるものではないことから、この各会議等への出席が、法人の事業の遂行上必要なものであったということはできない。

 


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

|

« 連年贈与と贈与税(文書回答より) | トップページ | 25年表彰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/63781574

この記事へのトラックバック一覧です: 法人が支払った青年会議所への交通費等:

« 連年贈与と贈与税(文書回答より) | トップページ | 25年表彰 »