« 被相続人の居住用財産の敷地等の一部譲渡があった場合の3,000万円控除の特例 | トップページ | 会社の清算における期限切れ欠損金の実務 »

2016年11月 4日 (金)

FPジャーナル平成28年11月号に執筆

FPジャーナルの連載「CFP試験にチャレンジ」のタックスプランニングを平成28年6月号に続き11月号に書きました。

この「CFP試験にチャレンジ」ですが、これまで3科目の掲載であったものが2科目の掲載と縮小されており、来年度はどうなるか不明です。

さて今回、平成27年度第2回から1問のみ解説、内容は法人税の「青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除」です。字数が少ないので、ポイントを中心に問題の解説に終始しました。

以上、告知でした。


Fpj2811blog_3

|

« 被相続人の居住用財産の敷地等の一部譲渡があった場合の3,000万円控除の特例 | トップページ | 会社の清算における期限切れ欠損金の実務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/64442352

この記事へのトラックバック一覧です: FPジャーナル平成28年11月号に執筆:

« 被相続人の居住用財産の敷地等の一部譲渡があった場合の3,000万円控除の特例 | トップページ | 会社の清算における期限切れ欠損金の実務 »