« 厚生年金基金の解散により受け取る分配一時金の所得区分 | トップページ | 土地の取得費は売主の作成した土地台帳記載の金額であるとした裁決事例 »

2018年6月25日 (月)

厚生年金基金の解散により受け取る分配一時金に係る掛金

厚生年金基金の解散に伴う残余財産の分配一時金は、原則として一時所得とされています。

一時所得の金額は、総収入金額からその収入を得るために支出した金額(直接要した金額のみ)の合計額を控除し、その残額から一時所得の特別控除額を控除した金額とされています(所得税法第34条第2項)。

 

厚生年金基金の解散に伴う残余財産の分配一時金は一時所得であるとした国税不服審判所の裁決例( 平15.10.24裁決、裁決事例集No.66 134 )では、次のように計算しています。

 

 
 

「平成13年分生命保険契約等の一時金の支払調書」の写し

                                                                                                                                               
   

1

   
   

保険金額等

   
   

9,404,250

   
   

2

   
   

差引支払保険金額等

   
   

9,404,250

   
   

3

   
   

既払込保険料等

   
   

0

   
   

4

   
   

保険事故等

   
   

退職以外の一時金

   
   

5

   
   

保険等の種類

   
   

厚生年金基金

   
   

6

   
   

保険事故等の発生年月日 

   
   

平成12929

   
   

7

   
   

保険金等の支払年月日

   
   

平成13425

   
 

 

 

一時所得の金額:9,404,250円-500,000円(特別控除額)=8,904,250

 

総収入金額に算入する金額:8,904,250円×1/24,452,125

 

 

控除すべきその収入を得るために支出した金額(支払調書上、既払込保険料)は0円となっています。つまり、この一時金に係る掛金は控除できないことになります。

これは、厚生年金基金及び企業年金連合会に基づく一時金(退職手当等とみなす一時金を除く)に係る加入員の負担した掛金は、その収入を得るために支出した金額に算入しないとされているためです(所得税法施行令第183条第2項第2号但し書きイ)。

 

理由は、その掛金の額は支払った年の所得控除の対象とされたためと考えられ、小規模企業共済の解約返戻金で一時所得とされるものも同様の取扱いとなります(所得税法施行令第183条第2項第2号但し書きニ)。ただし、この場合には次の例外があります(東京国税局文書回答事例より)。

 

非居住者が支払を受ける小規模企業共済契約に基づく解約手当金に係る一時所得の計算について

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

|

« 厚生年金基金の解散により受け取る分配一時金の所得区分 | トップページ | 土地の取得費は売主の作成した土地台帳記載の金額であるとした裁決事例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132187/66868693

この記事へのトラックバック一覧です: 厚生年金基金の解散により受け取る分配一時金に係る掛金:

« 厚生年金基金の解散により受け取る分配一時金の所得区分 | トップページ | 土地の取得費は売主の作成した土地台帳記載の金額であるとした裁決事例 »