« 令和元年度小規模宅地等の特例の改正通達 | トップページ | 要介護認定等の判定時期に注意(空き家に係る譲渡所得の3,000万円特別控除) »

2019年7月18日 (木)

配偶者居住権の消滅による課税関係

令和2年4月1日より民法において配偶者居住権が新設されますが、その消滅に係る課税関係がどうなるのか注目されていました。

この度、相続税法基本通達9-13の2が新設され、配偶者居住権の消滅に係る課税関係が明らかになりました。

 

これによると、次の場合において対価を支払わないで又は著しく低い価額の対価で消滅させたときは、建物又はその敷地所有者はその利益相当額をその配偶者居住権を有した者から贈与で取得したものとみなす(相続税法第9条)こととされました。

・建物所有者との合意による解除

・配偶者による配偶者居住権の放棄

・配偶者が善管注意義務違反又は承諾無しに建物の増改築をした場合において、建物所有者の是正の催告に応じないときの、建物所有者の意思表示による消滅

 

この通達のさらに重要な部分が注書で、次の場合は上記相続税法第9条の適用はないとしています。

・期間満了による消滅

・配偶者の死亡による消滅

・建物の滅失その他の事由による消滅

 

配偶者の死亡による配偶者居住権の消滅については課税関係が生じないことから、配偶者居住権を有する者の相続に係るその配偶者居住権の相続税の課税価格に算入する金額は0円ということになるようです。

 

なお、配偶者居住権の存続期間は、民法第1030条において次のとおり規定されています。

配偶者居住権の存続期間は、配偶者の終身の間とする。ただし、遺産の分割の協議若しくは遺言に別段の定めがあるとき、又は家庭裁判所が遺産の分割の審判において別段の定めをしたときは、その定めるところによる。

 

(参考)相続税法基本通達新旧対照表

新旧対照表別紙1(PDFファイル/337KB

―――☆☆―――☆☆―――

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

|

« 令和元年度小規模宅地等の特例の改正通達 | トップページ | 要介護認定等の判定時期に注意(空き家に係る譲渡所得の3,000万円特別控除) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 令和元年度小規模宅地等の特例の改正通達 | トップページ | 要介護認定等の判定時期に注意(空き家に係る譲渡所得の3,000万円特別控除) »