« 持続化給付金の申請受付始まる | トップページ | 令和2年分の路線価 »

2020年5月20日 (水)

会社等から支給された見舞金の取り扱い

新型コロナウイルス感染症に関連して会社などの使用者から支給を受ける見舞金についての所得税の取扱いが国税庁サイトで公表されています。

 

新型コロナウイルス感染症に関連して使用人等が使用者から支給を受ける見舞金の所得税の取扱いについて(法令解釈通達)

 

新型コロナウイルス感染症に関連して役員または使用人が使用者から支給を受ける見舞金のうち 次のすべての要件を満たすものは、所得税を課さないこととなります。

・その見舞金が心身又は資産に加えられた損害につき支払を受けるものであること

・その見舞金の支給額が社会通念上相当であること

・その見舞金が役務の対価たる性質を有していないこと

ただし、緊急事態宣言が解除されてから相当期間経過して支給決定されたものは、所得税の課税対象となる場合があります。

 

これらの例示等も示されているので、詳細は国税庁サイトで確認してください。

―――☆☆―――☆☆―――

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

|

« 持続化給付金の申請受付始まる | トップページ | 令和2年分の路線価 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 持続化給付金の申請受付始まる | トップページ | 令和2年分の路線価 »