« 新築マンション等の取得の日 | トップページ | 配偶者居住権等の消滅の対価は総合課税の譲渡所得 »

2020年6月29日 (月)

源泉所得税の特例猶予申請には徴収高計算書を添付

納期の特例に係る源泉所得税の納期限が7月10日であることから、先日、源泉所得税について特例猶予の申請を行いました。

 

特例猶予の申請に当たっては、納付すべき税額が確定しており、納期限の時点でお手元の資金状況からみて一時の納付が困難であることを確認する必要があります(国税の納税の猶予制度 FAQ 「中間申告分や源泉所得税の納期限が毎月到来する場合でも、特例猶予 を受けるためには、その都度申請が必要か」 より)。

 

そのため、源泉所得税については、確定した納付税額の確認のため「徴収高計算書(納付書)」を申請書に添付する必要があります。

―――☆☆―――☆☆―――

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

|

« 新築マンション等の取得の日 | トップページ | 配偶者居住権等の消滅の対価は総合課税の譲渡所得 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新築マンション等の取得の日 | トップページ | 配偶者居住権等の消滅の対価は総合課税の譲渡所得 »