2016年12月15日 (木)

平成29年度税制改正大綱より資産税関連の主なもの

与党より 平成29年度税制改正大綱 が発表されましたが、その中から資産税関連の主なものを抜き出して要約しました。

 

1.相続税と贈与税の納税義務の見直し

・日本国籍で国内に住所を有さない相続人等が取得した国外財産が相続税・贈与税の課税対象外とされる要件

被相続人等及び相続人等が相続開始前10年(現行:5年)以内のいずれの時においても国内に住所を有したことがないこととする。

 

・取得した国外財産が相続税・贈与税の課税対象となる場合の追加

国内に住所を有さないが相続開始前10年以内には国内に住所を有していた被相続人等(日本国籍を有しない者であって一時的滞在をしていたものを除く)

 ↓ (国外財産が相続等により移転)

国内に住所も日本国籍も有さない相続人等

 

・これらの改正はいずれも平成29年4月1日以後に相続若しくは遺贈又は贈与により取得する財産に係る相続税又は贈与税について適用する。

 

2.居住用超高層建築物に対して課する固定資産税等についての見直し

・高さが60mを超える超高層建築物のうち、複数の階に住戸が所在している居住用超高層建築物についての改正。

居住用超高層建築物全体に係る固定資産税額を各区分所有者にあん分する際に用いるその各区分所有者の専有部分の床面積を、住戸の所在する階層の差違による床面積当たりの取引単価の変化の傾向を反映するための補正率(階層別専有床面積補正率)により補正する。

 

・この改正は平成30年度から新たに課税されることとなる居住用超高層建築物(平成29年4月1日前に売買契約が締結された住戸を含むものを除く)について適用する。

 

※タワーマンションについての改正です。固定資産税評価額の見直しであれば、これを基に評価する相続税、贈与税も影響を受ける改正となります。

 

3.取引相場のない株式の評価における類似業種比準方式についての見直し

・類似業種の上場会社の株価について、課税時期の属する月以前2年間平均を加える。

 

・類似業種の上場会社の配当金額、利益金額及び簿価純資産価額について、連結決算を反映させたものとする。

 

・配当金額、利益金額及び簿価純資産価額の比重について、1:1:1とする。

 

・評価会社の規模区分の金額等の基準について、大会社及び中会社の適用範囲を総じて拡大する。

 

・これらの改正はいずれも平成29年1月1日以後の相続等により取得した財産の評価に適用する。

 

4.広大地の評価について

・現行の面積に比例的に減額する評価方法から、各土地の個性に応じて形状・面積に基づき評価する方法に見直すとともに、適用要件を明確化する。

 

・この改正は平成30年1月1日以後の相続等により取得した財産の評価に適用する。

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(記事投稿日現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

贈与を受けた直後に譲渡した居住用財産について3,000万円控除の適用が受けられないとした事例

譲渡した建物に10年以上生活の拠点を置いていた子供で、さらに母からその建物と敷地を贈与により取得してから売買契約締結の日まで5か月間居住の用に供していた居住用財産について、措置法第35条の3,000万円控除の適用が受けられないとした裁決事例が国税不服審判所のサイトに掲載されています。

 

平22.6.24、裁決事例集No.79

 

審判所は次のように判断しました(要約)。

 

 
 

贈与の時点では、譲渡物件、譲渡価額及び手付金の額も決定しており、売買契約の締結に向けた細部の取決めをするだけの状況になったものと認められることから、この居住用土地建物は譲渡されることが予定されていたものといえる。

 

本人は、そのことを承知した上でこの土地建物の贈与を受けたものと認められるから、本人が母から居住用土地建物の贈与を受けて所有者となった日以降において、本人は、この居住用建物を、所有者として居住する意思を持って居住の用に供していたものとは認められない。

 

このことから、この建物は、措置法第35条第1項に規定する個人がその居住の用に供している家屋に該当しない。

 

 

なお、審判所は措置法第35条第1項の法令解釈について、次のように述べています。参考になると思いますので、条文番号を省いてそのまま引用します。

 

 
 

居住用財産を譲渡した場合には、譲渡者は再び居住用代替資産を取得する蓋然性が高いこと、通常の家屋であれば特別控除の額の範囲内で取得できるであろうとの配慮から、居住用財産の譲渡者が所得税の負担なくして普通程度の居住用代替資産を取得することを可能にする趣旨に出たものであり、この趣旨からすれば、譲渡者が当該家屋をその所有者として居住の用に供していたことを特別控除を認めるための要件とするものと解される。

 

また、特別控除について連年の適用を認めず、3年間に一度の適用を認めたにとどまることにかんがみると、同項の適用を受けるためには、自らが所有する家屋について、真に所有者として居住する意思を持って、客観的にもある程度の期間継続して生活の拠点としていたことを要すると解すべきであり、その判定に当たっては、住居移転の経緯、居住の期間及び居住の態様等について総合考慮してこれを決すべきである。

 

 

この事例は税理士も入り、母から相続時精算課税制度の適用を受けて土地建物の贈与を受け、その後譲渡して3,000万円控除の適用を受けるというタックスプランニングを経た上で行ったものです。

事実認定の問題でもあるのですが、なかなか難しくて怖い事例だと思いました。


 

―――☆☆―――☆☆―――

 

福井一准税理士事務所

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

所長 税理士 福井一准(記事投稿日現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

業務のご案内

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

今すぐご連絡を

 ↓

メール

TEL 045-334-2793

FAX 045-334-2794

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

所在地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 1日 (金)

平成28年分の路線価発表

国税庁サイトにて平成28年分の路線価が公開され、ページレイアウトが少し変更されています。

 

http://www.rosenka.nta.go.jp/index.htm

 

現在依頼されている業務に関連する住宅地の路線価をいくつか見ましたが、東京(23区内です)はやはり上がっています。神奈川県も横浜市と川崎市は横ばいから上昇となっていました。


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

連年贈与と贈与税(文書回答より)

暦年贈与サポートサービスについての文書回答が、国税庁サイトに掲載されています。

 

暦年贈与サポートサービスを利用した場合の相続税法第24条の該当性について

 

このサービスは次のようなもので、契約期間は5年間とされています。

 

サービスを行う金融機関は、贈与をする人からサービス申込書等を受け取った上で贈与者に贈与契約書(雛型)を渡します。そして、贈与者は受贈者と贈与契約を締結し、金融機関はこれを受領して贈与金額を贈与者の口座から受贈者の口座に振り替えます。振替後に金融機関は一定の書類を送付するという仕組みです。

 

懸念されたのが、このサービスが定期金に関する権利(相続税法第24条)の贈与を受けたものとして贈与税が課税されないか(下記のサイトのQ1を参照)という点で、この点についての確認に対する回答です。

 

No.4402 贈与税がかかる場合

 

この回答では次の点から定期金に関する権利の贈与ではないと判断しています。

 

 
 

(要約)

 

・贈与とは、「当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる(民法第549条)」こととされており、贈与者の贈与の意思表示だけなく、受贈者の贈与を受ける意思表示を必要とする双方合意で成立するものである。

 

・税務上、贈与による財産の取得時期については、「書面によるものについてはその契約の効力の発生した時(相続税法基本通達1の3.1の4共-8)」とされている。

 

・このサービスでは、その申込みは贈与者が行い、金融機関は、贈与の都度、贈与者・受贈者間の贈与の意思確認を行った上で、その双方合意による贈与契約の成立を証する贈与契約書に基づいて預金の振替を行う。

 

・つまり、このサービスの申込みによって贈与契約が成立するものではなく、サービス契約期間中の各年に締結される贈与契約の履行として行われるものであり、各贈与契約によって効力が生ずるものと考えられる。

 

・したがって、あらかじめ定期的に贈与することについて贈与者・受贈者双方の合意がなされている場合でない限り、このサービスを利用した贈与は、「定期金給付契約に関する権利」の贈与に該当しない。

 

 

なお、この贈与契約に係る贈与契約書(雛型)には、この贈与契約の締結に際し、あらかじめ定期的に贈与を行うことを約していないことを、贈与者及び受贈者は互いに確認した旨の記載がされているということです。

 

このサービスを利用するかしないかはさておき、連年贈与をする場合の実務上の留意点として捉えると、参考になる回答だと考えられます。


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月21日 (土)

借地権の対象となる建物が滅失した土地の相続税評価額

先日受講した資産税の研修からのネタです。もしこのような事例に当たったら間違えないようにしなければいけません。

 

40年ほど前に母が代表を務める同族会社にその母の土地を有償で貸し付け、その同族会社が建物を建てて第三者に貸し付けていたところ、その同族会社は諸般の事情でこの建物を取り壊した後、アスファルト敷きの資材置き場として利用していました。なお、取り壊された建物は未登記だったこともあり、堅固な建物かどうかは不明です。

同族会社は建物取り壊し後も地代を母に払い続けていました。

母がこの土地を子に贈与した場合のこの土地の相続税評価額は、建物が存在しないにもかかわらず借地権ありとして底地で評価するとした裁決が公表されています(実際の事例はかなり複雑なため、上記の事例は簡易にしています)。

 

(平成26年5月9日裁決)

 

上記事例に適用されるべき(旧)借地法では、第2条で借地権の存続期間は堅固な建物では60年、その他の建物では30年とされています(ただし、建物がこの期間中に朽廃したときには借地権は消滅します)。

第5条でその契約を更新する場合の存続期間は堅固な建物30年、その他の建物20年とされています。

第6条でその土地の使用を継続する場合に土地所有者が遅滞なく異議を述べないときは前契約と同一の条件で更に借地権を設定したものとみなすとしています。

 

これを基に審判所は次のように解釈しました(要約)。

 

 
 

・借地法第2条は、借地権存続期間満了前に借地権が消滅するのは、建物が朽廃したときだけである。

 

・朽廃というのは、建物が自然に腐蝕して、建物としての使用に耐えなくなった状態になることで、朽廃したかどうかは、建物の全体を観察して決めなければならず、建物を構成する各部分の材料が腐っても、建物として使用できる状態であれば、まだ朽廃したとはいえないとされている。

 

・朽廃と滅失とは区分され、建物が滅失しても借地権は消滅せず、この場合の滅失というのは、人工的滅失(建物取壊し)、自然的滅失を問わず、滅失して建物としての存在がなくなることをさしている。

 

・建物が滅失した後、借地権者が行う新建物の再築は借地権が存続している間になされればよく、滅失から再築までの時間的間隔に制限はない。

 

 

このことからこの事例における土地(地代の支払いを続けていた)については、従前の建物が堅固なものであったときは最初の契約期間内、その他の建物であったときも更新された期間内にある借地権の存する土地として底地評価するものとしました。


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

評価差額に対する法人税額等が37%になります

平成27年度税制改正に続く平成28年度税制改正による法人税等の税率引き下げに伴い、相続税や贈与税を計算する場合の取引相場のない株式等の純資産価額における評価差額に対する法人税額等の税率が38%から37%に引き下げられました(財産評価基本通達186-2)。

 

財産評価基本通達186-2(新旧対照表)

 

なお、この改正は、平成28年4月1日以後に相続、遺贈又は贈与により取得した取引相場のない株式等を評価するときより適用されます。

 

これに伴い「相続税及び贈与税における取引相場のない株式等の評価明細書の様式及び記載方法等について」の一部が改正されています。

 

「相続税及び贈与税における取引相場のない株式等の評価明細書の様式及び記載方法等について」の一部改正について(法令解釈通達)

 

相続税・贈与税申告で用いる最近の評価差額に対する法人税額等の税率は次の通りで、頻繁に改正されています。

 

               
 

相続、遺贈又は贈与による取得の日

 
 

評価差額に対する法人税額等の税率

 
 

平成26年10月1日~平成27年3月31日

 
 

40%

 
 

平成27年4月1日~平成28年3月31日

 
 

38%

 
 

平成28年4月1日~

 
 

37%

 


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月25日 (月)

同族法人へ低額譲渡したことによるみなし贈与に関する判決

本人と子・孫が株主である同族法人である株式会社へ、他の同族法人の出資等を低額譲渡した結果、株式の価値が増加した部分がみなし贈与に当たるとした東京高等裁判所の判決が公開されています。

 

平成27年4月22日判決 平成26年(行コ)第457号

 

納税者側は、次のような主張でした(要約)。

 
 

低額での現物出資のような資本等取引が行われた場合には、株主間での経済的利益つまり含み益の移動が生じ,これによって株主の所有株式の価額が直接影響を受けて増加する。これに対し,相続税法では,個人が所有する資産に評価益が生じても,それだけの理由で贈与税を課税されることはないところ,このような個人資産の評価益が損益取引に基因して発生した場合も同様に課税をされるべきではない。

 

例えば個人甲が同族会社に低額での財産の譲渡をした場合に,同族会社の株主乙の所有する株式の評価益は会社の資産等の増加に伴って株価が上昇したことによる反射的効果であって,経済的利益が甲から乙へと移動したとはいえない。

 

 

これについて東京高等裁判所は次のように判断して、みなし贈与を認めています(要約)。

 
 

控訴人らは,みなし贈与の対象となる相続税法9条の「利益」は資本等取引に起因する利益であることを要し、低額での財産の譲渡のような損益取引による利益はこれに当たらないと主張する。

 

しかし,次のような趣旨から相続税法9条の「利益」が法文上その発生原因となる取引を限定していると解すべき理由はない。

 

・同族会社に対し時価より著しく低い価額の対価で財産の譲渡をした場合,その譲渡をした者とその会社やその株主等との間にそのような譲渡がされるのに対応した相応の特別の関係があることが一般である。

 

・実質的にみて,その会社の資産の価額が増加することを通じて,その譲渡をした者からその株主等に対し,贈与があったのと同様の経済的利益を移転したものとみることができる。

 

・従って、株式等の価額増加部分に相当する金額を贈与によって取得したものと解される。

 

 

なお、相続税法第9条のみなし贈与については、下記のエントリーを参照して下さい。

 

 その2 譲渡先が同族法人の合のみなし贈与


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 1日 (火)

住宅取得等資金の贈与の床面積基準についてと住宅借入金等特別控除との関係について

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税(措置法第70条の2)について、国税庁質疑応答事例に下記の事例が掲載されました。

 

1.店舗兼住宅を取得した場合の床面積要件

 

適用要件の床面積基準(50平方メートル以上240平方メートル未満)について、店舗兼住宅においては家屋全体の床面積で行うこと。

関連通達を紹介しますと、措法通達70の2-6(70の3-6を準用)で要約は次のとおりです。

 

 
 

床面積基準の判定に当たり、次に掲げる家屋については、それぞれに掲げる床面積により行う。

 

(1) その一部が住宅取得等資金の贈与を受けた者の居住の用以外の用に供されている家屋にあっては、その居住の用以外の用に供される部分の床面積を含めた家屋全体の床面積

 

(2) 2人以上の者で共有されている家屋にあっては、その家屋全体の床面積

 

 

2.住宅取得等資金の贈与と住宅借入金等特別控除との関係

 

住宅取得等資金の贈与と住宅借入金等特別控除(措置法第41条)を併用する場合、住宅借入金等特別控除の計算基礎となる「住宅借入金等の金額の合計額」は、次の金額のうちいずれか低い金額となる。

(1)住宅の取得等に係る借入金の金額

(2)「住宅の取得等に係る対価の額」から住宅取得等資金の贈与の適用を受ける贈与に係る金銭相当額を控除した金額

 

申告に当たっては、下記の付表の「Ⅱ 住宅取得等資金の贈与の特例を受けた場合の取得対価の額等の計算」欄を使って計算できます。

 

(付表1)補助金等の交付を受ける場合又は住宅取得等資金の贈与の特例を受けた場合の取得対価の額等の計算明細書

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

贈与税の配偶者控除の適用を受ける場合の貸家兼住宅の評価

店舗兼住宅等の持分の贈与について贈与税の配偶者控除(相続税法第21条の6)の適用を受ける場合、店舗兼住宅等のうちの居住の用に供している部分の割合にその贈与を受けた持分の割合を乗じて計算した部分を居住用不動産として計算することが原則です(相続税基本通達21の6-3)。

ただし実務上は、その贈与を受けた持分の割合に対応する店舗兼住宅等の部分をまず居住用不動産に該当するものとして申告をして贈与税の配偶者控除の適用を受ける(相続税基本通達21の6-3ただし書き)ことができて、この方法が有利なため、このただし書きにより計算して申告することが多いです。

 

貸家兼住宅についても上記ただし書きの適用を受けることができますが、この場合の土地と家屋の評価については通常の評価方法と異なることに注意が必要です。

通常の評価では貸付割合部分は貸家建付地・貸家として評価しますが、上記ただし書き適用部分については全て自用として評価することになります。

 

これについては、東京地裁での下記の判断(平四(行ウ)八四号 平4・10・28民二部判決)があります。

 

 
 

(要約)

 

この通達(ただし書き)の意義は、持分全部について居住用不動産と同様に扱うという、いわば擬制を定めたものであるから、居住用不動産の範囲について納税者の選択によりこの通達のただし書きを適用する以上、その課税価格の評価においても、申告のあったその受贈持分全体について、居住用不動産すなわち自用不動産として評価せざるを得ず、これを現況に即して一部賃貸用のものと評価する余地はないものというべきである。

 


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月14日 (月)

みなし遺贈財産である生命保険金で被相続人の債務を弁済した場合

先日受講した相続税関連の研修で、気を付けなければならない事例があったので紹介します(事例の内容は少し変えました)。

 

 
 

(事例)

 

被相続人は、契約者と被保険者が本人、受取人を孫とした死亡保険契約に加入し、銀行借入金により全保険料を一時に支払った。

 

被相続人が死亡したことにより、この契約による死亡保険金を受け取った孫(相続人ではない)は、この保険金により銀行借入金全額を返済した。

 

なお、被相続人に遺言はなかった。

 

 

なぜこの様なことをしたのかはさておき、この事例での孫の相続税の取扱いは次のとおりです。

 

1.受取保険金は、みなし遺贈財産として孫の相続税の課税価格に算入される(相続税法第3条第1項第1号)。

 

2.孫は相続人ではないため、相続税法第12条第1項第5号の非課税(総額500万円×法定相続人の数)の適用を受けることはできない。

 

3.孫(無制限納税義務者であった)は「相続人及び包括受遺者」以外の者であったため、孫が返済した銀行借入金について債務控除の適用はない(相続税法第13条第1項)。

 

4.孫は「1親等の血族及び配偶者」以外の者であったため、2割加算の適用を受ける(相続税法第18条)。

 

ここまでは基本的な部分で良いのですが、続きがあります。贈与税の問題です。

 

・相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する(民法第896条)とされていることから、事例の銀行借入金(被相続人の義務)は本来相続人が承継するものである。

 

・事例では孫が承継する義務のない銀行借入金を返済したことから、相続人はこの債務を肩代わりしてもらったことになる。

 

・この場合は孫が引き受けた(肩代わりした)債務分を利益として、孫から相続人へ贈与があったとみなして贈与税課税がされる(相続税法第8条)。

 

つまり、みなし贈与が発生すると解されます。なお、相続税法第8条の要約は次のとおりです。

 

 
 

対価を支払わないで債務の引受けによる利益を受けた場合においては、その債務の引受けがあった時において、その債務の引受けよる利益を受けた者が、その債務の引受けに係る債務の金額に相当する金額をその債務の引受けをした者から贈与により取得したものとみなす。

 


―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

福井一准税理士事務所

 

(ふくい かずのり ぜいりしじむしょ)

 

所長 税理士 福井一准(現在 東京地方税理士会保土ヶ谷支部 副支部長)

 

業務のご案内

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

初回相談 約30分無料(要予約・初回相談のみでも構いません)

 

今すぐご連絡を

 

 ↓

 

メール

 

TEL 045-334-2793

 

FAX 045-334-2794

 

 

 

横浜市保土ヶ谷区星川1-4-10 ハイツリヴァースター308

 

相鉄線 星川駅 南出口徒歩3分

 

 

 

所在地図

 

 

 

―――☆☆―――☆☆―――

 

 

 

相続に強い税理士の相続税ブログセミナー

 

難しすぎない相続税のおはなし

 

 

 

はじめに~第40回までの基礎編は完結しました!

 

基礎編目次

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧